Parallels DesktopとmacOS Big Sur

Apple からついに macOS Big Sur がリリースされました。2020 年 6 月の Apple Worldwide Developers Conference でプレビュー版が初公開され、2020 年 11 月に世界に向けてリリースされた macOS Big Sur は、近年の macOS リリースの中でも、最長のベータ開発サイクルを要しました。

Parallels® の技術者はこの時間を有効に活用して、Apple と密接に連携し、macOS Big Sur に移行した後も、ユーザーの皆様が Parallels® Desktop で最高のユーザー エクスペリエンスを得られるように努めました。

Parallels 側の技術的な作業の大半は、macOS Big Sur の基盤部分での大幅な変更に対応するために費やされました。Mac ユーザーであれば、macOS Catalina や macOS Mojave の使用中に、図 1 のようなダイアログを目にしたことがあるかもしれません。

図 1_macOS Catalina での警告ダイアログ

この macOS の変更に伴い、Parallels Desktop アーキテクチャに再構築が必要になった訳です (図 2 参照)。

図 2_Parallels Desktop 16 アーキテクチャの変更

この図で見ると小さな変更に思われるかもしれませんが、これは Parallels Desktop 16 の開発において、最も多くの技術的な作業が投入された部分であり、実に 25 人 / 年分もの膨大な作業が費やされたことになります。ただしこの変更により、今後の Apple による macOS の内部アーキテクチャのアップデートに伴って、Parallels Desktop のパフォーマンスとセキュリティは更に向上することになります。

図 2 に示されている作業に加えて、Parallels の技術者は Parallels Desktop 16、及びバンドル製品である Parallels Toolbox と Parallels Access に次の新機能を追加しました。 

これらの機能の詳細については、ビデオ 1 をご参照下さい。

macOS Big Sur への移行を行う際には、是非、Parallels Desktop をご利用ください。宜しれば、皆様が思うアップグレードの時期について、また移行がどのように行われたかについて、コメント欄からお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。すべてのフィールドが必須項目です。