プレスリリース

Parallels®、macOS® Catalina (10.15) 対応の Parallels Desktop 15 for Mac を 発売開始、DirectX® 11 をサポートする Apple® Metal® API への移行で 処理速度とグラフィック性能向上をもたらし、優れた顧客価値を提供

~ チルトや Apple Pencil® を完全統合した Sidecar もサポート、Apple Pencil 2 の
ダブルタップに対応した新しい Touch Bar™ ペインなどの機能が利用可能に ~

米国ワシントン州ベルビュー - 2019 年 8 月 13 日 - クロスプラットフォーム ソリューションの世界的なリーダーで、業界トップのシェアを誇る Windows® アプリケーションを Mac® で実行するためのソフトウェア ブランドである Parallels® は本日、Parallels Desktop® 15 for Mac (パラレルス デスクトップ 15 フォー マック、以下 Parallels Desktop 15、parallels.com/jp/products/desktop/) の発売開始を発表しました。この Parallels Desktop 15 では、Apple Metal API をサポートすることで、グラフィック機能の大幅な向上を実現しています。

また、Metal への移行に伴い、Parallels Desktop 15 は DirectX 11、10 および 9 を Metal 上でサポートすることになります。これにより、お客様はアプリケーションのパフォーマンス向上を体感頂けるようになります。

Parallels のエンジニアリング・サポート担当シニア バイスプレジデントであるニック・ドブロボルスキーは次のように述べています。「Parallels が Apple Metal API をサポートするために大規模な投資を行ったことで、お客様はこれまでで最速かつ最も効率的な Parallels Desktop の新バージョンをご利用頂けるようになりました。Parallels Desktop 15 のユーザーは、以前には利用できなかった CAD (コンピューター支援設計) や CAM (コンピューター支援製造) アプリケーションなどの他、人気の Windows PC ゲームも体験できるようになりました。また、Sidecar と Apple Pencil のサポートを含め、macOS Catalina との統合も正式リリース後に予定されており、これまでで最も包括的な Mac と Windows の統合をお客様に提供できます」

DirectX 11 のサポートにより Mac で利用できる Windows プログラムと PC ゲームが拡充

Apple の Metal API への取り組み強化を受けて、Parallels では大規模な投資を行い、DirectX 10 および 9 に加え、macOS Mojave や macOS Catalina (10.15) の Metal 上における DirectX 11 の優れたパフォーマンスを実現しました (ユーザー エクスペリエンスはハードウェア、特に Mac で使用されている CPU とグラフィックカードにより異なります)。Parallels Desktop 15 のユーザーは、以下に挙げるタイトルを含め、以前のバージョンでは動作しなかった多数の Windows プログラムと PC ゲームを実行できるようになりました。

CCAD / CAM アプリケーション

  • ArcGIS Pro 2.3
  • Autodesk 3ds Max 2020
  • Lumion
  • MasterSeries

macOS Mojave 対応のゲーム

  • Age of Empires: Definitive Edition
  • Anno 2205
  • Space Engineers
  • The Turing Test

macOS Catalina 対応のゲーム

  • Anno 1800
  • Fallout 4
  • FIFA 19
  • Madden NFL 19

Windows 10 仮想マシン (VM) であらゆる Xbox® ゲームをプレイ

Parallels Desktop 15 での Bluetooth® Low Energy のサポートにより、Xbox コントローラー、Logitech® Craft、IRISPen、一部の IoT デバイス (スマート家電やスマートバンドなど) を Mac で使用できるようになります。サポート対象プラットフォームには、Windows 10 および 8.1、Android™、カーネル 3.13 以降の Linux® などがあります。共有 Bluetooth ドライバーはバージョン 4.0 です。

macOS Catalina (10.15) との統合

現在、Parallels Desktop 15 では、macOS Catalina を VM として利用できます。また、正式リリース (2019 年秋の早い時期を予定) 後には、ホスト オペレーティング システム (OS) として Catalina をサポートします。予定されている統合には、Apple Pencil のチルトとダブルタップの処理に対応する Sidecar の改善されたサポートがあり、CorelDRAW®、Corel® Painter™、Microsoft® SketchPad などのプログラムで使用できます。

また、ユーザーは、複数のサインイン オプション (今秋、Parallels サービスに実装) の 1 つとして Apple 経由でのサインインを使用できるようになります。これにより、信頼できる一貫性のあるサインイン環境が得られ、複数のアカウントとパスワードを記憶する煩わしさがなくなります。新規ユーザーも Apple 経由でのサインインを使用して初回登録ができます。登録すれば、Parallels アカウントが自動的に作成されるため、トライアルが簡単に行えます。

Parallels Desktop 15 では、macOS Catalina のセキュリティとプライバシーのダイアログ処理や、システムの機能拡張の承認も向上しており、macOS Catalina のリリース時に予定されているアップデートでは iCloud® での作業がさらに改良される予定です。

Mac と Windows のシームレスな統合

Parallels Desktop 15 for Mac では、1 台のコンピューターで 2 つの環境の長所を生かせる強化された統合機能により、Mac と Windows の境界を意識する必要がさらに無くなります。そのためユーザーは、新たな生産性の向上を体験できます。

Parallels Desktop 15 ユーザーは、macOS のスクリーンショット プレビュー、Safari、[ 写真 ] アプリから直接画像を Windows プログラムにドラッグ & ドロップして、すばやく簡単にドキュメントを作成できるようになりました。こちらのデモビデオをご覧ください。 [https://youtu.be/K1A9BZYMnlw]

また、Finder® でファイルを右クリックし、[ 共有 ] および [ Windows のメールアプリで送信 ] を選択して、Outlook や Mail など、デフォルトの Windows のメール アプリケーションで送信できます。こちらのデモビデオをご覧ください。 [https://youtu.be/XSJ-xOKM5aU]

Pro Edition と Business Edition で対応する vTPM および物理ディスクのサポート

Parallels Desktop for Mac Pro Edition と Business Edition は、仮想 Platform Trusted Module (vTPM) を搭載しました。これは、Windows で追加のセキュリティ機能を有効にするために必要とされる、VM の構成で選択可能な新しい仮想ハードウェアです。高度な安全性が必要とされる企業向けの環境で vTPM を使用することで、企業のグループポリシーに従って BitLocker を有効にしたり、仮想スマートカードを使用したり、また Windows Hello PIN のさらに強固なセキュリティのバージョンを有効にでき、セキュリティの向上を図れます。

さらに、Parallels Desktop Pro Edition や Business Edition のユーザーは、物理ディスク (内部また外部のいずれについても) を論理的な内部ディスクとして VM に接続できます。これにより、以下の機能が利用できます。

  • Windows または他の OS を当該ディスクにインストール
  • 当該ディスクにインストールされた OS を起動
  • 非ネイティブの Boot Camp® のインストールを使用

企業ユーザーは、Parallels Desktop 15 for Mac Business Edition で強化された、一貫性のあるユーザー エクスペリエンスからもメリットが得られます。IT 担当者は、[ ウィンドウ ]、[ フルスクリーン ]、または [ Coherence ] の任意のモードで VM をロックできます。これにより、エンドユーザーは、常に慣れ親しんだ環境で作業することができるため、生産性が向上します。

Parallels Desktop 15 のパフォーマンス

Parallels Desktop 15 では、以下のようにパフォーマンスが大きく向上しています。

  • Microsoft Office アプリケーションの起動時間を最大 80% 短縮
  • 3D グラフィックスを最大 15% 高速化
  • 速度と応答性が向上した Parallels Desktop ユーザー インターフェイス (UI)

Parallels Desktop に Windows 10 を簡単にインストールする方法

Parallels Desktop のインストール アシスタントを使用すると、Windows 10 を簡単に Mac にインストールできます。Windows を事前に購入する必要もありません。Parallels Desktop で Windows をインストールする代表的な方法は次のとおりです。

  • Mac への Parallels Desktop のインストールが完了した後、Windows が存在していないことが自動的に検出され、インストールについてのガイドに沿って追加
  • Windows 10 とアプリケーションを物理 PC から Mac 上の Parallels Desktop VM に移行して追加
  • Windows 10 VM を Parallels Desktop に追加
  • 既存の Windows VM を Windows 10 にアップグレードして追加
  • Microsoft Edge® と Internet Explorer® 向けに事前に構成された Windows VM テスト環境を追加

詳細についてはブログ記事、「Parallels Desktop for Mac に Windows 10 をインストールする方法」

(parallels.com/blogs/install-windows-10-parallels-desktop) をご覧ください。

時間を節約:30 以上のワンクリックツールで Mac と Windows のタスクを簡素化

Parallels® Toolbox for Mac および Windows (parallels.com/jp/toolbox) を使用すると、ワンクリックで日常的なタスクを完了して、すばやく簡単に時間を節約できます。Parallels Desktop 15 のサブスクリプションには、同時に Parallels Toolbox をご利用頂けるサブスクリプションが含まれています。なお、永続ライセンスでご利用のお客様については、Parallels Toolbox の 3 カ月間のサブスクリプションをご利用頂けます。Parallels Toolbox は、以下のような頻繁に発生するタスクをワンクリックで完了できる、30 以上の便利なツールセットです。

  • インターネット上のビデオをダウンロードして、オフラインで視聴
  • 数 GB のディスクスペースまたは RAM を再利用して、Mac のパフォーマンスを向上
  • GIF を作成して共有
  • 重複ファイルを検索して削除
  • 画面、ウィンドウまたは選択した領域を録画
  • Mac の内蔵カメラをブロックし、プライバシーを保護
  • すべての通知をブロックして作業等の中断が発生しないようにする
  • デスクトップを非表示にする

どこからでも Mac、Windows VM、PC 上のすべてにアクセス

外出時に、オフィスまたは自宅のコンピューターから必要なドキュメントを取り出すのを忘れてしまっても心配不要になります。Parallels Desktop 15 のサブスクリプションには、同時に Parallels Access® をご利用頂けるサブスクリプションが含まれています。

なお、永続ライセンスでご利用のお客様については、Parallels Access の 3 カ月間のサブスクリプションをご利用頂けます。Parallels Access を使用することで、任意の場所から HTML5 ウェブブラウザーを経由して、最大 5 台のコンピューター (Mac または PC) に、また台数無制限で iPad®、iPhone®、Android デバイスから安全にアクセスできるようになります。これらのデバイスでは、使い慣れているネイティブのタッチジェスチャーが使えるため、いつでも、どこにいても高い生産性を確保できます。Parallels Access を使用すると、リモートの Mac、Windows VM または PC で動作している、あらゆるファイルやアプリケーションを簡単に操作できます。これには、AutoCAD® や専用のビジネス アプリケーション、また現在 Parallels Desktop ユーザーが利用している、23 万を超える Windows プログラムなどが含まれます。

入手方法と価格

Parallels Desktop 15 for Mac のすべてのエディション (通常版、Pro Edition、Business Edition) が、Parallels オンラインストア (parallels.com/jp/products/desktop/ - 新規ユーザーは、機能制限の無い 14 日間の無償トライアル版もダウンロード可能) から購入できます。

日本国内での販売は、Parallels オンラインストア (www.parallels.com/jp/products/desktop/) では本日より発売開始し、全国の家電量販店、PC ソフト販売会社、および各 E-コマースサイトでは、8 月 30 日 (金) より順次発売開始されます。

(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、PC デポ、上新電機、エディオン、ZOA、ユニットコム、ノジマ、Apple Store、Amazon など (順不同、法人名省略))

Parallels Desktop の各永続ライセンス製品には、Parallels Toolbox for Mac / Windows および Parallels Access を無償で同時利用できる 3 カ月間のサブスクリプションが含まれています。これらはまた、無償トライアル版およびサブスクリプション対応の単独製品として、すべての PC と Mac ユーザーにご利用頂けます。

旧バージョンの Parallels Desktop for Mac (全てのバージョン) をお使いのお客様は、オンライン (parallels.com/desktop-upgrade) にて、Parallels Desktop 15 アップグレード版をご利用頂けます。新規のお客様は、parallels.com/jp/products/desktop/ から無償トライアル版のダウンロードおよびご購入頂けます。価格の詳細については、以下をご覧ください。

日本国内店頭販売でのメーカー希望標準価格

◎ Parallels Desktop 15 for Mac (永続ライセンス製品)

【 製品名 】 【 標準価格 (8% 税込 / 税抜) 】 【 型 番 】 【 EAN コード 】

- 通常版 9,818 円 9,091 円 PD15-BX1-JP 0846829007499

- 乗り換えアップグレード版 7,560 円 7,000 円 PD15-BX1-CUP-FU-JP 0846829007482

- 生協版 5,891 円 5,455 円 PD15-ABX1-JP 0846829007468

- 旧バージョンの Parallels Desktop から Parallels Desktop 15 へのアップグレード

5,204 円 4,819 円 ※パラレルス オンラインストアのみ

◎ Parallels Desktop 15 for Mac (サブスクリプション製品: Apple Store)

【 製品名 】 【 標準価格 (8% 税込 / 税抜) 】 【 型 番 】 【 EAN コード 】

- 通常版 8,345 円 7,727 円 PD15-BX1-1Y-APL-JP 0846829007390

- Student Edition 4,968 円 4,600 円 PD15-ABX1-1Y-APL-JP 0846829007352

◎ Parallels Desktop for Mac Pro Edition (サブスクリプション製品)

【 製品名 】 【 標準価格 (8% 税込 / 税抜) 】 【 型 番 】 【 EAN コード 】

- 1 年版 新規・更新ライセンス

9,818 円 9,091 円 PDPRO15-BX1-1Y-JP 0846829007444

- 1 年版 新規・更新ライセンス (Apple Store)

9,818 円 9,091 円 PDPRO15-BX1-1Y-APL-JP 0846829007420

- 旧バージョンの Parallels Desktop から Parallels Desktop Pro Edition へのアップグレード

5,204 円 4,819 円 ※パラレルス オンラインストアのみ、更新時も同額

Parallels について

Parallels は、企業や個人のお客様が必要とするアプリケーションやファイルをあらゆるデバイスとオペレーティング システムで簡単に使用しアクセスできるようにする、クロスプラットフォーム ソリューションの世界的なリーダーです。Parallels では、最高水準のテクノロジーを Windows®、Mac®、iOS®、Android™、クラウドから利用できるようお客様をサポートします。Parallels はローカル、リモート、プライベート データセンター、クラウドのいずれからでも企業や個人のお客様がシンプルかつ費用対効果の高い方法でアプリケーションを使用できるようにすることで、エンジニアリングとユーザー体験に関する複雑な問題を解決します。Corel® の事業部門である Parallels は、オフィスを北米、欧州、オーストラリア、アジアに展開しています。詳細については、https://www.parallels.com/jp/about/ をご覧ください。

また、ブログページ (www.parallels.com/jp/blogs/) 、Facebook ページ

(www.facebook.com/Parallels.jp) 、Twitter (www.twitter.com/Parallels_JP) でもご確認頂けます。

Corel について

世界中の何百万人もの知識労働者が Corel 製品により、質の高い仕事をより迅速にこなすことができています。Corel は業界で広く認知されたソフトウェアブランドを提供し、個人やチームによる創造や共同作業を強力にサポートし、優れた成果へとつなげています。Corel は、インスピレーションを与え、ユーザーの目標を達成するために、CorelDRAW®、ClearSlide®、MindManager®、Parallels®、WinZip® など幅広い画期的なアプリケーション群を提供し、高く支持されてまいりました。Corel についての詳細は、www.corel.com/ をご覧ください。

メディア窓口

本件に関する報道関係お問合せ

コーレル株式会社 パラレルス マーケティング マーケティング部長 日下部 (くさかべ)

赤坂オフィス:東京都港区赤坂3-2-2 日総第 24 ビル5F

Tel: 03-6459-1372 (直通) / Email: info-jp@parallels.com

(広報代理) アシュトン・コンサルティング・リミテッド 担当: 藤本/河合

東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル9階

Tel: 03-5425-7220 / Fax: 03-5425-0857 / Email: Parallels-AC@ashton.jp

© 2019 Parallels International GmbH. Parallels、Parallels ロゴ、Parallels Access および Parallels Desktop は、米国および/またはその他の国における、Parallels International GmbH の登録商標です。Corel、CorelDRAW、MindManager、Painter、および WinZip は、カナダ、米国および/またはその他の国における、Corel Corporation の商標または登録商標です。 ClearSlide は、カナダ、米国および/またはその他の国における、iClearSlide Inc. の商標または登録商標です。Mac、macOS、Metal、Apple Pencil、Touch Bar、Safari、Finder、iPad、および iPod は、Apple Inc. の商標または登録商標です。記載されているその他すべての名称および登録商標または未登録商標は、識別目的のためにのみ使用されており、各所有者の独占的財産です。 www.corel.com/patents