ニュースリリース

Parallels Remote Application Server(RAS)16.5 発売、企業は Citrix XenApp および XenDesktop の最も効率的で最もコスト効率の良い代替手段が利用可能に

新しい RDSH 自動プロビジョニング、PowerShell API、Microsoft App-V Integration、強化モニタリングおよびホワイトレーベルなどの機能を含む、最もシンプルなリモートアプリケーション配信および VDI ソリューション

ワシントン州ベルビュー - 2018 年 7 月 11 日 -本日 Parallels は、Parallels® Remote Application Server(parallels.com/ras)のバージョン 16.5 を発売しました。このバージョンでは、IT 管理者が自動的にリモートデスクトップセッションホストをプロビジョニングできます。また負荷に基づいて Parallels RAS の展開をオートスケーリングできます。Parallels RAS は、Microsoft App-V コンテナーの公開もサポートするようになりました。拡張された PowerShell API は、各種の複雑な構成と繰り返し作業の自動化(および拡張されたクライアントポリシーの自動化)、クライアントデバイスを簡単に設定できる柔軟性の IT 管理者への付与、などの新機能をサポートします。

マネージドサービスプロバイダ(MSP)と独立系ソフトウェアベンダー(ISV)は、Windows クライアントの再ブランディングおよび HTML5 ゲートウェイからブランド化した Windows クライアントをダウンロードする機能など、新しいカスタマイズ機能を搭載しました。さらに、MSP と ISV は、サービスプロバイダーにより、クライアントまたはファームのライセンスを柔軟に管理およびモニタリングして、最大ユーザー数の制限およびサブライセンスがその制限に達したかどうかに関する通知を設定できるようになりました。

「企業や ISV には、複雑さとコストが増す確立されたソリューションではなく、はるかに低い総所有コスト(TCO)で利用できる、よりシンプルかつ効率的な仮想アプリケーションとデスクトップ配信が必要です」と Parallels の社長であるジャック・ズバレフは述べます。「これまでで最も柔軟性と拡張性に富む仮想アプリケーション配信システムである Parallels RAS バージョン 16.5 は、リモートアプリケーションとデスクトップの IT 管理を大幅に簡素化し、最も低い TCO を実現します」

「Citrix から Parallels Remote Application Server に切り替えたことによる最大の利点は、クオリティの高いクロスプラットフォームサポートを提供できるようになったことです」と、トッド・ザカライアス氏(IT ネットワークシステムマネージャー)は述べています。「現在、マイケル・バックレイをはじめとする W.S.Badcock のネットワークエンジニアの取り組みにより、

Linux、Mac®、Windows の各デバイスにデスクトップとアプリケーションを効率的かつ簡単に配信できています」

Parallels RAS Console の拡張されたサイト表示は、追加のリアルタイムパフォーマンスメトリクスを表示します。サイト表示と Performance Monitor は両方が、管理者の注意を要するコンポーネントを簡単に特定することができます。また、Parallels RAS により、Azure MFA サーバー、Duo および FortiAuthenticator の構成が簡素化されました。

Parallels RAS では、Parallels パートナープログラムも利用できます。リモートアプリケーションと VDI サービスに特化した MSP および ISV 向けに特別に設計されており、その成功を支援するために、使用量ベースの価格、ウォーターフォールディスカウント、および無償リソースのホストを提供します。詳細については、 http://www.parallels.com/jp/partners をご覧ください。

新しいバージョン 16.5 の新機能および更新内容は以下のとおりです。

  • RDSH 自動プロビジョニングとオートスケーリング。 新しい RDSH テンプレートを使用すると、IT 管理者は自動的に RD セッションホストをプロビジョニングし、負荷に基づいて Parallels RAS 展開をオートスケーリングできます。
  • 強化された PowerShell API 。 効率性を改善するための自動スクリプトを備え、各種の複雑な構成と繰り返し作業のある新しい機能をサポートするために拡張されました。
  • 詳細なクライアントポリシー設計。 ポリシーが 4 つのカテゴリから 20 以上に分割され、クライアントデバイスの構成における柔軟性が向上します。新しい設定には、クライアントデバイスのオペレーティングシステムによりフィルタリングする機能が含まれています。
  • カスタマイズ。 MSP と ISV は、Windows クライアントを再ブランディングできるようになり、ブランド化された Windows クライアントは、HTML5 ゲートウェイからダウンロードして、お客様のブランド化を向上できます。
  • SPLA ライセンスの制限。 IT 管理者は、SPLA ライセンスのサブライセンスを作成して、SPLA に最大同時利用ユーザー制限を設定できます。
  • 可視パスワードの複雑性要件。 Parallels Client(Windows)経由で AD パスワードを変更するとき、パスワード複雑性要件を表示する機能を追加します。
  • Parallels RAS Citrix マイグレーションツール。 この新しいツールを使用すると、Citrix XenApp ユーザーは、かつてないほど簡単に Parallels RAS に移行して、簡素化されたユーザー操作性と低い TCO のメリットを享受できるようになります。
  • 再設計された通知。 Parallels RAS で、スクリプト化された通知ハンドラーがサポートされるようになりました。高度な管理を求める通知がトリガーされた場合、管理者は実行可能ファイルまたはスクリプトを起動できます。
  • Parallels RAS Console ユーザー操作の向上。 強化されたサイト表示ダッシュボードでリアルタイムのパフォーマンスメトリクスを表示できることで、マネージャーはよりよい フィードバックが得られます。
  • 高可用性とビジネス継続性。 IT 管理者は、マスター Publishing Agent またはライセンスサイトでの問題による、Parallels RAS 展開のダウンタイムを排除または短縮できます。
  • Microsoft App-V Publishing 。 Turbo.net プライベートリポジトリをサポートしなくなった Parallels RAS は、Microsoft App-V アプリケーションコンテナーを実装します。
  • Azure MFA および 2FA 。 Azure MFA、Duo および FortiAuthenticator MFA プロバイダーの構成プロセスが強化されました。
  • VDI の改善。 安定性の向上に重点を置いて、VDI を強化しました。新しい VDI の設計では、単一の VDI エージェントで複数の VDI ホストを管理できます。

入手と価格

Parallels は、Parallels RAS バージョン 16.5 のすべての機能が使える 30 日間無償トライアル版(50 同時ユーザーライセンスを含む)を parallels.com/rasparallels.com/ras で提供しています。

Parallels Remote Application Server では、年間 $99 の同時ユーザーライセンスにより、より低い取得コスト、サポートコスト、トレーニングコストで利用開始から負荷分散機能とサポートを含むすべての機能をご利用いただけます。Parallels RAS はオンラインまたは、 parallels.com/ras に記載されている、弊社承認の販売店からお求めいただけます。

Parallels RAS のお客様の声。

「ヘルスケアアプリケーションと RDS や VDI を使用するその他のリソースを公開するために、包括的な VDI 管理ツールが必要で、業界をリードするソリューションを試してみた結果、使いやすさ、帯域幅の最適化、SSL 暗号化セキュリティ、信頼性のあるパフォーマンス、TCO の削減により、Parallels Remote Application Server を選びました」とアントニオ・ゲレーロ氏(Grupo Trevenque(スペイン)、副テクニカルディレクター)は述べています。

「ノワジールセック市の旧式のワークステーションのインフラストラクチャを新しくしたいと思い、実装できる迅速で簡単なソリューションを探していました」と、アントワーヌ・ビュエ氏(Systèmes d'Information(フランス)、ディレクター)は述べています。「Parallels RAS は、インストール、構成、管理が簡単でシンプル、コストは控えめ、とすべての期待に応えてくれました」

スチュアート・ワットン氏(システムマネージャー、Orchestr8)は、次のように述べています。「Parallels Remote Application Server ほど信頼性の高いコンポーネントはありません。機能に問題があったことは一度もありません。移行の最大の要因はライセンスコストでした。Citrix と比較すると、同時ユーザーのコストの面で Parallels Remote Application Server はずっと経済的です」

「Parallels RAS のパフォーマンスはすばらしいですね」と、デイトン・ペリン氏(Rawls College of Business、サーバー管理者 III)は述べています。「Parallels RAS は Citrix よりかなり安価なだけでなく、安定性にも優れ、当ビジネスカレッジの教職員、スタッフ、学生にとってはよりユーザーフレンドリーです」

Parallels について

Parallels は、お客様が必要とするアプリケーションやファイルをあらゆるデバイスとオペレーティングシステムで簡単に使用、アクセスできるようにする、クロスプラットフォームソリューションの世界的なリーダーです。Parallels では、現在最高クラスのテクノロジーを Windows、Mac、iOS、Android 、クラウドから利用できるよう、お客様をサポートします。Parallels は、ローカル、リモート、プライベートデータセンター、クラウドのいずれからでも企業や個人のお客様がシンプルかつ費用対効果の高い方法でアプリケーションを使用できるようにすることで、エンジニアリングとユーザー操作に関する複雑な問題を解決します。Parallels のオフィスは北米、ヨーロッパ、オーストラリア、およびアジアに展開しています。詳細については、 parallels.com/about をご覧ください。

メディア窓口

ジョン・アッペンダール(John Uppendahl)、コミュニケーション部門バイスプレジデント、john@parallels.com、+1 425 282-1734 
Ryan Donough、Cohn & Wolfe、ryan.donough@cohnwolfe.com、+1 415 403-8311

Parallels および Parallels ロゴは、米国および/またはその他の国における、Parallels International GmbH の登録商標です。その他の商標はそれぞれの所有者の資産です。