ニュースリリース

Windows を Chromebook 上で直接実行できる世界初のソフトウェア Parallels Desktop for Chromebook Enterprise が本日リリース

ワシントン州、ベルビュー発、2020 年 10 月 20 日 - クロスプラットフォームソリューションのグローバルリーダーである Parallels は本日、Parallels® Desktop for Chromebook Enterprise(parallels.com/chrome)をリリースしました。これは、Chromebook Enterprise 上で直接 Windows を稼働できる世界初のソフトウェアです。このソフトウェアを使用すると、Microsoft Office や独自アプリなどのフル機能の Windows アプリをインターネット接続のない環境でも実行できます。Parallels Desktop for Chromebook Enterprise は、Chrome OS および Google 管理コンソールと統合されており、VDI インフラストラクチャを必要としないため、IT 部門は容易かつ安全にセットアップおよび展開できます。

「最近は、リモートワークやハイブリッド環境、あるいはオフィス内で、Chrome OS を採用する企業がますます増えています」と Google の Chrome OS 担当バイスプレジデント、ジョン・ソロモン氏は述べています。「Parallels とのパートナー関係によって、Parallels Desktop for Chromebook Enterprise を介してフル機能のレガシー Windows アプリケーションを実行できるようになることを喜ばしく思います。これにより、企業は、クラウド優先型のデバイスとワークフローに容易に移行できます」。

「22 年以上に渡って Parallels がソフトウェアにもたらしてきたイノベーションにより、ユーザーは複数のオペレーティングシステムをシームレスに実行し、生産性を容易に高めることができるようになりました。Parallels Desktop for Chromebook Enterprise には、こうした Parallels の長年の経験が活かされています」と、Parallels エンジニアリングおよびサポート担当シニアバイスプレジデント、ニック・ドブロボルスキー氏は述べています。「Parallels Desktop では、Windows とそのフル機能のアプリおよび Chrome OS アプリを Chromebook 上で直接同時に実行できます。また、さまざまな利便性のある機能が組み込まれています。たとえば、Windows 10 と Chrome OS 間でのテキストとグラフィックのコピー & ペースト操作、Chrome OS の共有プリンターまたは Windows 10 専用のプリンターからのストレスのない印刷機能、Windows ファイルを Chromebook 上でローカルに、クラウド上に、またはその両方に保存するオプションなどが利用可能です」。 「高い柔軟性と生産性を実現するクラウドソリューションに対するニーズが高まるにつれ、企業はこれまで以上に、クラウド優先型の IT 戦略を受け入れるようになっています」と HP のクラウドクライアントグループ担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、マウリク・パーンディヤ氏は述べています。「新しくリリースされた HP Elite c1030 Chromebook Enterprise 上で稼働する Parallels Desktop for Chromebook Enterprise は業界のゲームチェンジャーです。Chrome OS 上で難なく Windows アプリケーションを実行可能にすることで、企業と従業員に高度なクラウド体験をもたらします」。

Parallels Desktop における Windows と Chrome OS の統合化エクスペリエンス

Parallels Desktop は、Windows と Chrome OS のシームレスな統合により、生産性の向上と業務の効率化を容易に実現します。

  • 複数のフル機能の Windows アプリと Chrome OS アプリを同時に実行: Microsoft Office およびその他のフル機能の Windows アプリをエンタープライズ Chromebook 上で直接実行できます。Excel でのチャートのトレンドライン、Word のキャプションや引用、PowerPoint のカスタムフォントやヘッダー/フッター(いずれも他のバージョンの Microsoft Office では利用できない機能)を簡単に追加できると同時に、Chrome OS アプリも並行して利用できます。マシンを再起動したり、不安定なエミュレーターを使用したりする必要はありません。
  • フル機能の実績のある Windows ビジネスアプリケーションを Chromebook 上にインストールして実行可能: Windows アプリケーション(独自開発ビジネスアプリも含む)のすべての機能とツールを使用して生産性を最大限に高めることで、フル機能の Windows アプリによる作業を必要とするどのユーザーとも簡単に共同作業できます。
  • インターネットなしでも大丈夫!インターネット接続のない環境や接続帯域幅の低い環境でも Chromebook 上で Windows アプリを実行できるため、孤立した環境や航空機内、あるいはインターネット接続が一時的に中断した場合でも、生産性を落とすことなく作業できます。

生産性向上の仕組みとシームレスな統合

  • クリップボードの共有: Windows と Chrome OS 間で双方向にテキストとグラフィックをコピー & ペーストできます。
  • ユーザープロファイルの共有: Windows ユーザーフォルダー(デスクトップ、ドキュメント、ダウンロード)が Chrome OS の Windows ファイルセクションにリダイレクトされるため、Chrome OS アプリケーションは複製を作成することなく、ファイルに確実にアクセスできます。これにより、Windows が稼働していないときでも、Chrome OS は上記のファイルにアクセスできます。
  • カスタムフォルダーの共有: 任意の Chrome OS フォルダー(Google Drive や OneDrive などのクラウドストレージフォルダーを含む)を Windows と共有して、Windows アプリケーションファイルを保存するために使用できます。
  • 画面解像度の動的な変更: Windows 10 のウインドウの隅または端をクリックしてドラッグすることで、Windows の画面解像度を簡単に変更できます。
  • Windows 10 でのフルスクリーンのサポート: ウインドウの右上隅の [最大化] ボタンをクリックすることで、Chromebook の全画面表示を使用するよう Windows 10 を設定できます。Windows を別の仮想デスクトップで稼働し、単純なスワイプ操作で、Chrome OS と Windows を相互に切り替えることができます。
  • Windows Web リンクを好みの場所に開く: Chrome OS で、またはお気に入りの Windows ブラウザー(Chrome、Microsoft Edge、Internet Explorer、Firefox、Brave、Opera など)を使用して、Web リンクを開くよう Windows 10 を設定できます。
  • Windows アプリケーションを関連付けて Chrome OS 上でファイルを開く: Windows アプリケーションは、Chrome OS の [このアプリケーションで開く] インターフェイスに完全に統合されます。特定の Windows アプリケーションを、特定のファイルの種類に対応する(つまり、Windows で特定のファイルを開く際の)既定のアプリケーションとして割り当てることができます。
  • ストレスなく印刷: Chrome OS で利用できるプリンターを Windows 10 と共有できます。Windows 10 のみで利用可能なプリンターを使用することもできます。その場合は、Windows 10 用の適切なプリンタードライバーをインストールする必要があります。

仮想化の基本機能

  • Windows のサスペンドとレジューム: Windows を簡単にサスペンドおよびレジュームして、すばやく作業に復帰できます。
  • Chromebook のマウス、タッチ、およびキーボードを使用して Windows アプリを操作できます。
  • マウスカーソルの同期: マウスカーソルを Chrome OS と Windows 間で移動するだけで、カーソルの外観と操作性がそれぞれのオペレーティングシステム(OS)に合わせて自動的に変化します。
  • スクロールとズーム: Windows アプリケーションで、タッチパッド、マウス、またはタッチスクリーンを使用して、画面をスクロールおよびズームできます。
  • サウンド: Windows アプリのサウンドを再生できます。今後のアップデートで、マイクもサポートされる予定です。
  • ディスクのパフォーマンス: Parallels 独自の仮想ディスクテクノロジーにより、単純な Non-Volatile Memory Express(NVMe)ドライバーと比較してパフォーマンスが向上しています。
  • ネットワーキング: Windows は、お使いの Chrome OS ネットワーク接続を使用します。これは、Chrome OS ネットワークが VPN である場合にも該当します。Windows で VPN を使用する各種設定も選択できます。

簡単な展開とライセンス管理

  • ヘルプデスクいらずのエクスペリエンス: Parallels Desktop アイコンを 1 回クリックするだけで、Chromebook に Parallels Desktop がインストールされ、アクティベーションが実行されます。その後 IT 部門で容易に設定できる Windows イメージがダウンロードされて、すぐに使用できます。SHA256 チェックサムにより、ダウンロードファイルが改ざんされていないことが保証されます。また、CPU と RAM の自動割り当てにより、ユーザーの Chromebook でバランスのとれたパフォーマンスが実現します。
  • Windows の管理: IT 管理者は、Chromebook ユーザーと IT 部門の両方のニーズを満たすよう、Windows を準備できます。フル機能の Windows OS は、ドメインに参加して、グループポリシーおよび Windows 管理ツールによって管理できるため、組織のセキュリティ基準全般に準拠するようになります。ユーザープロファイルの共有オプションを無効にすることで、ローミングプロファイル、フォルダーリダイレクト、および FSLogix もサポートされます。
  • Google 管理コンソールとの統合: Google 管理コンソールを使用して次の操作を実行できます。
    • 選択したユーザーに対して、Parallels Desktop のアクティベートおよびアクティベート解除を実行する
    • 選択したユーザーに対して、社内向け Windows イメージを展開する
    • Windows 仮想マシンのダウンロードと運用に必要なディスク領域を指定する
    • 選択ユーザーに対して、仮想マシン管理用コマンドラインを無効化する
    • Parallels Desktop で、匿名の製品内分析を有効にするかどうかを制御する
  • Chrome OS のセキュリティ標準: Google が作成した Windows 向けのセキュアなサンドボックスにより、Chrome OS がセキュアに保護されます。
  • わかりやすいライセンス提供方法: ユーザーごとのライセンスはエンドユーザーに対してシームレスに行われます。IT 部門は、Google 管理コンソールを使用して、ユーザーライセンスの監視を簡素化し、いつでもアドオンを購入および適用し、使用状況に応じてライセンスを更新できます。
  • 総所有コスト(TCO)の削減とコンピューティングエクスペリエンスの単純化: ハードウェアの一元管理、費用の削減、移動負荷の軽減を実現します。企業の Chromebook ユーザーが必要とする Windows 10 と Chrome OS のアプリとファイルをすべてワンタッチで使用できます。これにより、フル機能の Windows アプリを使用するために、PC を購入、保守、移動したり、VDI ソリューション(オフラインでは動作しない)をインストールしたりする必要がなくなり、経費が削減され、不便さが解消されます。
  • Parallels プレミアムのサポート: Parallels Desktop for Chromebook Enterprise のライセンスにはサポートが含まれています。Parallels My Account で、電話とメールによるサポートを受けられるだけでなく、未対応のサポートチケットとそのステータスを監視することもできます。Parallels Desktop のサポートエンジニアは、ビジネスクラスのサポートを提供できます。ユーザーガイド、管理者ガイド、および Parallels Desktop に関する質問に対する回答が保存されたナレッジベースもご利用いただけます。
    • Parallels Desktop for Chromebook Enterprise は、今後の製品アップデートで、カメラ、マイク、USB デバイスのサポートなど、さらなる機能強化が図られる予定です。

      可用性、無償トライアル、価格体系

      Parallels Desktop for Chromebook Enterprise は、ユーザーあたり年間 69.99 米ドルで購入できます。5 ユーザーライセンス付きの 1 か月の無償フル機能トライアルなど、製品の詳細については、parallels.com/chrome をご覧ください。

      システム要件

      • 推奨ハードウェア:
        • プロセッサー: Intel Core i5 または Intel Core i7
        • メモリ: 16 GB
        • ストレージ: 128 GB 以上の SSD
      • 推奨されるデバイス:
        • HP:
          • HP Elite c1030 Chromebook Enterprise(推奨)
          • HP Pro c640 Chromebook Enterprise
        • Google:
          • Google Pixelbook
          • Google Pixelbook Go
        • Acer:
          • Acer Chromebook Spin 713
          • Acer Chromebook Spin 13
        • Dell:
          • Dell Latitude 5300 2-in-1 Chromebook Enterprise
          • Dell Latitude 5400 Chromebook Enterprise
        • Lenovo:
          • Lenovo Yoga C630 Chromebook
        • ASUS:
          • ASUS Chromebook Flip C436FA
      • Windows 10 ライセンス:
        • 法人のお客様は、マイクロソフトの既存の Windows ライセンスと使用許諾契約を使用できます。
      • Google 管理コンソール:
        • IT 管理者は、Chrome Enterprise Upgrade の対象となる Chromebook デバイスを管理できます。

      Parallels について

      Parallels は、ビジネスユーザーと個人が必要とするアプリケーションやファイルをあらゆるデバイスとオペレーティングシステムで簡単に使用、アクセスできるようにする、クロスプラットフォームソリューションの世界的なリーダーです。Parallels では、Windows、Mac、iOS、Android、クラウドなど、現在最高クラスのテクノロジーを利用できるよう、お客様をサポートします。Parallels は、ローカル、リモート、プライベートデータセンター、クラウドのいずれからでも企業、や個人のお客様がシンプルかつ費用対効果の高い方法でアプリケーションを使用できるようにすることで、エンジニアリングとユーザー操作に関する複雑な問題を解決します。Corel の事業部門である Parallels は、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアで事業を展開しています。詳細については、parallels.com/jp/about をご覧ください。

      Corel について

      Corel 製品は、世界中に広がる多くのナレッジワーカーが、質の高い作業を、迅速に行うのに貢献しています。業界でもっとも知名度の高いソフトウェアブランドを傘下に収める Corel は、個人またチームが、創造力を発揮し、共同作業を行うことで、優れた成果をもたらすためのパワーを提供します。Corel の成功は、革新的なアプリケーションの幅広いラインナップを提供するためのたゆみない取り組みによりもたらされています。これらのラインナップには CorelDRAW®、ClearSlide®、MindManager®、Parallels® および WinZip® が含まれており、ユーザーにインスピレーションを与え、目的の達成をサポートしています。Corel の詳細については、corel.com を参照してください。

      メディア窓口

      John Uppendahl、コミュニケーション担当 VP(バイスプレジデント)、john@parallels.com、+1 425 282-1734(シアトル)

      Beatrice Vogel、コミュニケーション担当マネージャー EMEA、bvogel@parallels.com、+49 151 16861293(ミュンヘン) Ryan Donough、Burson Cohn & Wolfe、ryan.donough@cohnwolfe.com、+1 415 403-8311(サンフランシスコ)

      © 2020 Parallels International GmbH.Parallels および Parallels ロゴは、カナダ、米国および/またはその他の国における、Parallels International GmbH の商標または登録商標です。Corel、CorelDRAW、MindManager および WinZip は、カナダ、米国およびその他の国における、Corel Corporation の登録商標です。 ClearSlide は、カナダ、米国およびその他の国における ClearSlide Inc. の登録商標です。Mac は Apple Inc の登録商標です。その他のすべての社名、製品名、サービス名、ロゴ、ブランド、またすべての登録商標または未登録商標は、識別の目的でのみ使用されているものであり、それぞれの所有者の独占的な財産となります。 サードパーティに関わるブランド、名称、ロゴ、その他の情報、画像、資料の使用は、それらを推奨することを意味するものではありません。 当社は、これらサードパーティに関わる情報、画像、素材、マーク、および他社の名称について所有権を主張するものではありません。特許に関するすべての通知と情報については、parallels.com/jp/about/legal