パラレルス、macOS Mojave に対応し、起動時間と仮想マシンのストレージ容量を劇的に改善した 「Parallels Desktop 14 for Mac」 を発売開始

~ 50 を超える新たな機能、Parallels Toolbox と Parallels Access の最新版を搭載 ~

2018年8月23日 - クロスプラットフォーム ソフトウェア ソリューションにおけるリーディング企業であり、Mac® 上で Windows® アプリケーションを稼働させるソフトウェアのトップシェアを誇るパラレルス株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:下村 慶一) は本日、今秋登場予定の macOS® Mojave に対応した Parallels Desktop® 14 for Mac (parallels.com/desktop)、パラレルス デスクトップ フォー マック、以下 Parallels Desktop 14) の日本国内での販売開始を発表しました。この Parallels Desktop 14 では、仮想マシンのストレージ容量を大幅に節約し、起動時間の短縮やグラフィック パフォーマンスの改良などに加え、Windows および Mac 向け Parallels® Toolbox (parallels.com/toolbox)、パラレルス ツールボックス) の最新バージョンも搭載しています。さらに Parallels Desktop 14 では、Mac 上で使うことができる Windows の機能も、これまで以上に増えています。

パラレルスのプレジデントであるジャック・ズバレフ (Jack Zubarev) は次のように述べています。
「数百万人に上る Parallels Desktop のユーザーは、パフォーマンスと効率性を高く評価しています。Parallels Desktop 14 では、グラフィックとストレージに焦点を当ててこの 2 点のレベルアップを実現し、これまでで最高のパフォーマンスを得ながらも、約 20 GB 分のディスク容量を節約できるようになりました。生産性強化のために、Mac デバイスで利用できる Windows の機能もさらに搭載しています。MacBook Pro® の Touch Bar™ では OneNote® や Quicken® などの Windows アプリケーションをサポートしただけでなく、お好きなアプリケーションをワンタッチで Touch Bar に追加できるようになりました」

ストレージ最適化を強化

通常、仮想マシンのファイルサイズはとても大きく、約 15 ~ 100 GB 以上の容量が必要です。業務で使われる Windows と Mac という 2 つの異なるストレージ メカニズムにおいて、その両方を考慮した新たなストレージの最適化に取り組んだ結果、その双方のメカニズムで大幅なディスク領域の節約が可能となりました。* ストレージ節約の操作をサポートする新しい [ディスク領域を解放] ダイアログでは、複数の仮想マシンに対する処理操作ができるように改良されています。新しくスナップショットを作成する場合、ディスク領域は約 15% 低く抑えられます。

Windows と Mac を境目なく操作

Parallels Desktop 14 では Microsoft® Ink を使用して、Mac で Windows 版 Microsoft Office のドキュメントが編集できます。この編集機能では、Microsoft PowerPoint®、Microsoft Edge、CorelDRAW®、Fresh Paint、Leonardo、openCanvas、および、Windows 版 Adobe® Photoshop® などのアプリケーションで筆圧感知機能もサポートしています。**

また、Parallels Desktop 14 では、Touch Bar の設定対応アプリケーションとして、Microsoft Visio® と OneNote、SketchUp、AutoCAD®、Revit®、Quicken、QuickBooks®、Visual Studio® が追加されました。この他にも Parallels Desktop の Touch Bar セットでは、Windows アプリケーションの Office 2016 (Microsoft Word、Excel®、PowerPoint と Outlook®)、Windows スタートメニュー及びデスクトップ(Cortana®、タスクビュー、タスクバーの固定要素)、エクスプローラー ([ファイルを開く]、[名前を付けて保存] の設定)、ArcGIS とウェブブラウザー (Internet Explorer®、Microsoft Edge、Google Chrome™、Mozilla® Firefox®、Opera®、Vivaldi) が設定されています。

Parallels Desktop の Touch Bar ウィザードでは、数千の Windows アプリケーション用に Touch Bar を簡単にカスタマイズでき、設定したアプリケーションを使う際には、ファンクションキー ショートカットとしてすぐに操作できます。さらに、Touch Bar XML オーサリングを併用すると、Touch Bar でお好みの Windows アプリケーションを独自にファンクションキー ショートカットとして割り当てられます。

macOS Mojave 対応

Parallels Desktop 14 は、macOS Mojave のダークモードをサポートしています。Windows ファイルで表示させたクイックルックでは、クイックアクションが表示されるようになりました。現在開発段階にある Mojave の追加機能は、Mojave が正式にリリースされた後のテストを経て、導入の予定です。

Apple® が認証する Parallels Desktop 14 for Mac のインストール イメージは、Mojave へのインストール時に表示されます。

グラフィック サポートと 4K 共有カメラ サポートの向上

Parallels Desktop 14 では、OpenGL® のサポート向上により、グラフィック面を強化しています。SketchUp 2017 / 2018、CTVox®、DIALux 8、および OriginLab® の使用においては、目覚ましい改善となりました。
そして、すべての表示モードが、スピードとメモリ消費の点で改善されました。これは、特に 5K などの高解像度外部ディスプレイの複数使用時に効果を発揮します。

また、未使用の仮想ビデオメモリが、効率良く Mac のシステムメモリに戻されるようになりました。グラフィックの自動切り換えモードでは、可能な場合に 2 GB 以上の Mac のシステムメモリを Windows がビデオ用に使用できるようにするため、Windows アプリケーションでこのメモリが利用できるようになります。***

加えて、ビデオ会議でのフレームレートが向上し、ユーザーは 4K までの解像度を持つカメラで共有カメラ テクノロジーを利用できます。

Parallels Desktop for Mac Business Edition

新しい Business Edition には、強化された管理機能やセキュリティ、ライセンス用ポータルが搭載されます。その他、次のような機能も追加されています。

  • スマートカード リーダーが、Mac と Windows の両方で自動的に使用でき、有効にするとアクセスが高速化
    • 管理効率向上の目的から管理者が電子メールでユーザーを招待し、サブライセンスに別の管理者を割り当てることが可能****
    • 展開モードでは既存の仮想マシンを置き換えて生産性を合理化
    • シングル アプリケーションモードでアプリケーション展開して起動時間を短縮、スプラッシュ画面は最新のデザインに刷新
    • Parallels “マイアカウント” ポータルを高頻度の利用用途に合わせて再設計****

30 以上のワンクリックユーティリティが詰まった Parallels Toolbox for Windows and

人気の Parallels Toolbox には以下のような新しいツールがあります。

  • スクリーンショット – 画面に収まりきらない長いウェブページをキャプチャ、印刷。ブラウザー画面より長いページでもウェブページのスクリーンショットをワンクリックでキャプチャして印刷
    デモビデオでの紹介: “How to Capture Lengthy Webpages - “Snagit 2018 vs. Parallels Toolbox” (長いウェブページのキャプチャ方法 - Snagit 2018 と Parallels Toolbox の比較)
    “How to Capture a Full Webpage Screenshot with a Safari Extension” (Safari の機能拡張でウェブページ全体のスクリーンショットをキャプチャする方法)
  • メモリ解放 - Mac での RAM メモリを再利用してメモリ消費を最適化。このメモリ解放ツールを macOS メニューバーに追加すると、ワンクリックで簡単に利用可能なメモリ容量の確認と再利用が可能
  • 画像のサイズ変更 – 希望通りのファイルサイズと形式に画像を一括変換可能。ソース画像をツールのウィンドウにドラッグし、希望するフォーマットとサイズ、出力先を指定してクリックするだけ

Parallels Desktop 14 のパフォーマンス

以下の点でパフォーマンスが大幅に向上しています。

  • Intel® Cannon Lake プロセッサーの AVX-512 命令セットサポートにより、iMac Pro® で最大 200% のパフォーマンス向上 (オーディオとビデオのエンコーディング、AI、3D モデリング、暗号化技術他、複雑な数値計算による負荷)
  • アプリケーション起動時間が最大 80% 短縮
  • 起動時間を最大 10% 短縮
  • APFS パーティションでサスペンド操作時間を最大 30% 短縮
  • 共有カメラでフレーム数 / 秒が最大 130% 向上
  • Coherence ビューモードでフレーム数 / 秒が最大 17% 向上

さらに、CPU 使用率インジケーターがタイトルバーに追加され、Windows の CPU 使用率が高い場合に認識しやすくなりました。リソースモニターも完全に再設計され、複数仮想マシンの稼働状況に沿った Mac のリソースを表示します。

入手方法と価格

サブスクリプション (期間更新ライセンス) で製品をご利用のお客様、 Parallels Desktop 12 および 13 からのアップグレード (parallels.com/upgradepd14)をご希望のお客様、および新規のお客様は、Parallels Desktop 14 for Mac、Parallels Desktop 14 for Mac Pro Edition、Parallels Desktop for Mac Business Edition を本日よりご利用いただけます。日本国内での本製品の販売は、弊社のオンラインストア parallels.com/desktop、または全国の家電量販店、PC ソフト販売会社および各 E-コマースサイトで本日より順次発売されます。
(ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、PC デポ、上新電機、エディオン、ZOA、ユニットコム、ノジマ、Apple Store、Amazon など (順不同、法人名省略) なお、すべての機能が使える Parallels Desktop の 14 日間無償トライアル版も本日よりダウンロードいただけます。

Parallels Desktop 14 for Mac の標準価格は、10,800 円 (税込、永続ライセンス) です。年間サブスクリプションでの標準価格は、8,500 円 (税込、Apple Store と弊社オンラインストア) になります。
Parallels Desktop for Mac Pro Edition と Business Edition の新規購入価格は、それぞれ年間 10,800 円 (税込) です。Parallels Desktop 12 と 13 の永続ライセンスをご利用のお客様は、5,300 円 (税込、永続ライセンス、弊社オンラインストアのみ) で Parallels Desktop 14 にアップグレードできますが、1 回限り Parallels Desktop for Mac Pro Edition へ年間 5,300 円 (税込) でアップグレードすることもできます。その場合のサブスクリプション更新は、年間 5,300 円 (税込) で継続利用いただけます。
サブスクリプションで Parallels Desktop をご利用いただだく場合、Parallels Toolbox for Mac と Parallels Toolbox for Windows (parallels.com/toolbox)、および Parallels Access® (parallels.com/access)の 1 年間 同時使用サブスクリプションが含まれています。

パラレルスについて

パラレルスは、様々なデバイスや OS 上で、必要なアプリケーションやファイルへの容易なアクセス、使用を可能にするクロスプラットフォーム ソリューションのグローバル企業です。パラレルスは、Windows® や Mac®、iOS®、Android™ およびクラウドなど、あらゆるユーザーの端末上で最高クラスのテクノロジーの利用を支援しています。パラレルスでは、企業や個人のお客様がローカル、リモート、プライベートデータセンター、クラウドのいずれからでもシンプルかつコスト効率の高い方法でアプリケーションを使用できるようにし、エンジニアリングとユーザーエクスペリエンスに関する複雑な課題の解決ができるよう取り組んでいます。パラレルスは現在、北米、欧州、オーストラリア、アジアで広くビジネスを展開しています。

詳細は、parallels.com/about、Facebook ページ (www.facebook.com/Parallels.jp)、Twitter (www.twitter.com/Parallels_JP)にてご確認頂けます。

Media Contacts:

本件に関する報道関係お問合せ
パラレルス株式会社 マーケティング部長 日下部 (くさかべ)
東京都港区赤坂3-2-2 日総第 24 ビル5F
Tel: 03-6459-1372 / Fax: 03-6459-1363 / Email: info-jp@parallels.com

(パラレルス広報代理) アシュトン・コンサルティング・リミテッド
担当:鈴木・藤本 東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル9階
Tel: 03-5425-7220 / Fax: 03-5425-0857 / Email: Parallels-AC@ashton.jp

 

*仮想ディスクの最適化はバックグラウンドで実行されるため、アップグレード後すぐには効果は現れません。Windows 8 および 10 のみサポートしています
**永続ライセンス
***自動モードは、Windows 8 または Windows 10 で Parallels Tools のアップデート後にのみ利用可能です
****新しい Parallels マイアカウントの機能は、Parallels Desktop 14 のリリース前に利用可能になります
Parallels および Parallels ロゴは、米国および/またはその他の国における、Parallels IP Holdings GmbH の登録商標です。その他の商標はそれぞれの所有者の資産です。

Parallels and the Parallels logo are registered trademarks of Parallels IP Holdings GmbH in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.