~ モバイル インターフェイスの向上、新たな PowerShell® API、セキュリティ強化により、 リモートアプリケーション配信および VDI ソリューションがさらに進化 ~

 

パラレルス株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役:下村 慶一) は本日、米国現地時間 7 月 10 日にワシントン D.C. で開催された Microsoft® Inspire Conference にて発表された 『Parallels Remote Application Server (パラレルス リモート アプリケーション サーバー、以下「Parallels RAS」) バージョン 16』 ( http://www.parallels.com/jp/products/ras/remote-application-server/ ) の日本国内における発売開始時期を発表しました。新機能には、PowerShell API、マネージド・サービス・プロバイダ (以下「MSP」) および独立系ソフトウェアベンダー (以下「ISV」) 向けのホワイトラベル化、iOS® クライアント向けの Touch ID 対応、VDI 向けのリンククローン、複数バージョンのアプリケーションを簡単に管理できる TURBO.NET の統合、Nutanix™ Acropolis ハイパーバイザーのサポート、Microsoft Services Provider License Agreement (以下「SPLA」) のライセンスを持つ MSP 向けに VDI デプロイメント時の Microsoft Windows Server ® の使用などがあります。日本国内での Parallels RAS バージョン 16 は、8 月 1 日 (火) より提供開始予定です。

Parallels RAS バージョン 16 では、社内アプリケーションやレガシー アプリケーションを含む、リモートアプリケーションを iOS および Android™ のネイティブ環境と同じ操作感で使用するためのネイティブタッチ サポートも強化されています。また、Quick Keypad 機能を使うことで、お客様がアプリケーションのショートカットを定義し、頻繁に使用する機能へのアクセスにかかる時間を大幅に節約することができます。その他にも、Swiftpoint ® GT Bluetooth マウスのサポート、印刷、HTML5 と Chrome クライアントに対するファイル転送のサポート、スケーラビリティ、アプリケーションとデスクトップのスマートサイズなどの性能が向上しています。Linux ® クライアント向けには、マイクとカメラのリダイレクトがサポートされるようになり、Linux シンクライアントから Skype™ や類似のアプリを使用できるようになりました。

 

パラレルス株式会社の代表取締役である下村 慶一は次のように述べています。

「従来のアプリケーション配信と VDI ソリューションは中小企業や MSP にとって複雑で、かつ高価であったため、結果として収益性や ROI の低下につながっていました。MSP や ISV、従業員数が 100 ~ 5,000 人規模の企業の場合、Parallels RAS では高速でスケーラブルな実装が可能となります。そのため、リモートのアプリケーションとデスクトップを簡単に管理でき、IT 管理者とエンドユーザーの操作性を大幅に簡易化することで、ユーザー エクスペリエンスを高めています。他社製品と比較しても大幅にコスト効率が良く、包括的なクラウド対応ソリューションも提供しています」

 

弁護士法人ライズ綜合法律事務所 監査部部長の坂本 昌慎氏は以下のように述べています。

「多くの拠点で運用していく上で、必ずしも常に IT の専門家が常駐できるわけではありませんから、Parallels RAS の使いやすさは重要なメリットです。仮想空間でいろいろなことが実行できる点は、セキュリティの面でも非常に安心感があります。また、クラウド環境で顧客と情報をリアルタイムに共有できれば弊社の信用が高まります。組織内で全員が同じシステムを使うことによってリスクの低減にもつながり、業務効率の一層の向上も期待できます」

Parallels RAS は、TURBO.NET との統合を行い、アプリケーション コンテナをサポートすることで、異なるバージョンのアプリケーションを簡単に管理し、従業員に配信することが可能になります。また、Microsoft Azure ベースの新しい展開オプションとも統合されており、VDI およびハイパーコンバージドの使用時における性能も大きく向上しています。

また、今回 Microsoft Hyper-V™、Citrix® XenServer®、および VMware ESXi™、または、Nutanix、HPE、Lenovo™ などのハイパーコンバージド ソリューションを使用したフルクローンまたはリンククローン ベースのデスクトップの配信がサポートされるようになりました。Nutanix Acropolis ハイパーバイザーによって、KVM ベースの VDI もサポートされます。

加えて、新バージョンの Parallels RAS のリリースに伴い、Parallels パートナー プログラムをリモートアプリケーションおよび VDI サービスに特化した内容で、MSP および ISV 向けに強化しました。本プログラムでは、MSP および ISV をサポートするため、使用量ベースでの価格設定、ウォーターフォール ディスカウントおよび様々な無償リソースが提供されます。詳細については、 http://www.parallels.com/jp/partners をご覧ください。

 

 

Parallels RAS バージョン 16 の新機能およびアップデート:

 

世界中で 5,000 社以上の MSP、ISV、一般企業、そして医療、教育、製造、小売、金融の各分野でお使いのお客様が Parallels RAS を利用しています。

 

入手と価格

日本国内での Parallels RAS バージョン 16 および技術資料などは、8 月 1 日 (火) より提供開始予定です。またパラレルスでは、Parallels RAS バージョン 16 のすべての機能をご試用いただける 30 日間の無償トライアル版を http://www.parallels.com/jp/products/ras/remote-application-server/ で提供しています。

ライセンス価格には、負荷分散機能をはじめとするすべての機能に加えて、サポートとメンテナンスも含まれています。MSP および ISV は、月あたりの使用量に応じた価格設定も可能です。Parallels Remote Application Server のご購入に関するご相談は、次のサイト http://success.parallels.com/Sales-Contact.html よりお問い合わせください。なお、販売価格につきましては、リセラー各社までお問い合わせください。

Parallels および Parallels ロゴは、米国および / またはその他の国における、 Parallels International GmbH の登録商標です。その他の商標はそれぞれの所有者の資産です。

 

パラレルスについて

パラレルスは、様々なデバイスや OS 上で、必要なアプリケーションやファイルへの容易なアクセス、使用を可能にするクロスプラットフォーム ソリューションのグローバル企業です。パラレルスは、高い安全性や生産性を確保した上で、Windows® や Mac®、iOS®、Android、Chromebook™、Windows Phone ®、Linux®、Raspberry Pi® およびクラウドなど、あらゆるユーザーの端末上で最高クラスのテクノロジーの利用を支援しています。パラレルスのソリューションを用いることで、仮想デスクトップとアプリケーションのシームレスな配信や、Mac 上での Windows の稼動、Microsoft SCCM を利用した Mac の管理、およびあらゆる端末から Windows PC や Mac コンピュータへのリモートアクセスが可能になります。パラレルスは現在、北米、欧州、オーストラリア、アジアで広くビジネスを展開しています。

詳細は、 www.parallels.com/jp/about 、Facebook ページ ( www.facebook.com/Parallels.jp )、

Twitter ( www.twitter.com/Parallels_JP ) にてご確認頂けます。

 

本件に関する報道関係お問合せ

パラレルス株式会社 マーケティング部長 日下部 (くさかべ)

東京都港区赤坂3-2-2 日総第 24 ビル5F

Tel: 03-6459-1372 / Fax: 03-6459-1363 / Email: cpa-sales-jp@parallels.com 

(パラレルス広報代理) アシュトン・コンサルティング・リミテッド 担当:山野、黄田

東京都港区西新橋3-16-11 愛宕イーストビル9階

Tel: 03-5425-7220 / Fax: 03-5425-0857 / Email: Parallels-AC@ashton.jp