運用状況のまとめ

  • 7 人からなる IT チームが、ほぼすべてが Apple デバイスで構成される校内の 1,500 台以上のマシンをサポートします。
  • 技術、通信、管理部門の一部のスタッフは iMac デバイスを使用しており、管理と資金調達のためのデータベースを利用するために Blackbaud の主要ないくつかの Windows 専用アプリケーションにアクセスしなければなりません。

ソリューションのまとめ

  • ASIJ は Parallels Desktop for Mac Business Edition を 40 人以上のスタッフの iMac デバイスに導入しました。
  • セキュリティを強化するため、Parallels 環境は有線で接続され、学校の無線インターネットネットワークからは切り離されています。

利点のまとめ

  • Parallels によってシンプルでシームレスに作業ができるとスタッフは考えています。
  • 学校は Wintel ハードウェアを購入する必要がないため、 3 年ごとに 24,000 米ドルの経費を削減しています。
  • IT チームは、Parallels のライセンスは管理が簡単であると考えており、さまざまな VM を試すことができる点を気に入っています。

使用した Parallels 製品

 

成功事例のダウンロード

1902 年に創立されたアメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)は、世界の主要インターナショナルスクールの 1 つであり、40 か国以上の国籍の 1,535 人ほどの生徒が在学しています。メインキャンパスは調布市にあり、アーリーラーニングセンターは東京都六本木にあります。150 人を超えるスタッフをかかえるスクールでは、さまざまなカリキュラムや正課並行プログラムを提供しています。

ASIJ は、インペンデントスクール協会のメンバーであり、米国西部地域私立学校大学協会の正式な認可を受けています。卒業生の 4 分の 3 が米国の大学に入学し、残りの 4 分の 1 の大半はカナダ、英国、オーストラリア、日本の大学に入学しています。

著名な卒業生としては、元駐日米国大使のエドウィン・ライシャワー、アカデミー賞受賞女優ジョーン・フォンテイン、ソニー株式会社取締役、代表執行役社長兼 CEO の平井一夫などがいます。

コンピューティング環境

ASIJ は非常に早い段階から学校の主要な学習ツールとして IT を採用しています。学校に初めてパソコンが導入されたのは、1980 年代の中頃でした。日本電信電話株式会社(NTT)のパイロットプログラムの一環として、1990 年代初頭に日本で初めてインターネットに接続した学校の 1 つです。

ASIJ は実質的には Macintosh® で運営されている施設であり、オープンネットワークで無線環境を構築していることから、生徒も簡単に直接インターネットに接続できます。約 40 人のスタッフが業務上重要な Windows® 管理およびデータベースアプリケーションを、「業務に支障がないように」、他のネットワークから切り離された無線接続の Parallels 環境で利用しています。

ASIJ の IT サービス部長のジョシュ・ローブ氏によると、このような手法をとるのは、デジタルシチズンシッププログラムを通じて生徒たちとの関わりに集中して取り組むことができるからということです。生徒に IT ツールを利用させることで、生徒の創造力を育み、より賢く物事を選択できるようになると考えられています。

6 年生から 12 年生の全生徒が各自専用の Apple® MacBook Pro® と MacBook Air® コンピューターを所持し、2 年生から 5 年生までの全生徒が専用の iPad® デバイスを持っています。プリスクールの子どもたちも iPad を使っています。教職員のほとんどが MacBook Pro と iMac® デバイスを使用しており、主に従来のアプリケーション上の理由から、数人の会計職員が Windows PC を利用しています。

課題

ASIJ は主に Mac® 中心で運営されている施設ですが、iMac デバイスを使用する技術、通信、事務職員の約 40 人は、学校や非営利組織が必ず利用する Blackbaud® のいくつかの主要な Windows ベースのアプリケーションにアクセスする必要があります。学校の通信および年間サポート主任のマット・ウィルス氏もそういったユーザーの 1 人です。

彼や同僚が利用している Blackbaud アプリケーションの 1 つに Education Edge(EE)があります。これは、ASIJ の生徒の情報データベース用に使用しています。このソフトウェアでは、入学、出席、スケジュールデータから、健康に関する情報、バスの割り当て、カリキュラムデータまで、管理に関するあらゆる情報を処理します。ASIJ はそれ以外にも Raiser’s Edge(RE)という Blackbaud の Windows 製品を利用しています。これは、現在の家族と卒業生の記録、イベント登録、資金調達のデータの処理に使用しています。

ASIJ の Web サイトは Blackbaud の NetCommunity コンテンツ管理システムを使用したものであり、このサイトは EE と RE から情報を直接引き出すことができます。関係者へのアンケートや一斉メールは、Blackbaud データベースに接続する Web インターフェイスを通じて送信されます。Blackbaud は Microsoft® テクノロジースタックと高度に統合されているため、Mac バージョンのソフトウェアがすぐにリリースされることはないだろうと、ローブ氏は言います。

ソリューション

職員が使用する Windows プラットフォームの重要性は認識しつつも、ASIJ は Blackbaud に対応するためだけに、両方のマシンを稼動させて維持するための複雑な環境や追加のコストは避けたいと考えました。

EE や RE にアクセスする職員は OS X® と Windows を頻繁に切り替える必要があることから、ASIJ は Parallels Desktop for Mac Business Edition を採用しました。ローブ氏は次のように述べています。「再起動が必要になる回数からも、業務内容を考慮すると Boot Camp® は現実的ではないと判断しました。VMware® も調査しましたが、Parallels の方が理解しやすいと思いました。さらに、自分たちのニーズに合わせて設定できるところも気に入りました。品質も高く、システムの動作も迅速でした。Parallels は OS X にも問題なく統合できます」

生徒が無線ネットワークからインターネットに直接アクセスできるように、IT チームは iMac を使用する職員も無線で OS X プラットフォームで作業できるようにし、Parallels 仮想マシン(VM)で Windows の Blackbaud データベースを使用するときには、切り離された有線の内部ネットワークに移動するようにシステムを設定しました。

ローブ氏は次のように述べています。「Parallels を気に入っている理由の 1 つは、iMac の Mac OS X にイーサネットポートを設定できたことです。利用している Mac にはイーサネットポートはありませんが、Parallels 内でイーサネットに接続できます。内部ネットワークに外部からアクセスできないようにしてあるため、2 つのネットワークは互いに接続されていませんので、これは非常に優れた機能です。シームレスに作業できますので、2 つのシステムを利用しているなんて誰も思いません。これを実現してくれたのが Parallels Desktop for Mac Business Edition です」

結果

Blackbaud アプリケーションを頻繁に使用する職員の 1 人であるウィルス氏は Parallels の使いやすさに満足しています。彼は次のように言います。「以前は、デザインや通信には Mac、関係者の情報にアクセスするには PC というように、2 台のコンピューターを使っていました。PC を使用してデータベースにアクセスせず、誰かを呼んで情報を提供してくれるように頼むようになっていました。なぜなら、ちょっとした調べもののために起動してログインしなければならないことが、この上なく苦痛だったからです。デバイスを切り替えなくてもいいので、Parallels があればワークフローをより簡単なものにできます。自分にとっては非常に大きな意味を持ちます」彼の経験には Blackbaud ユーザーである他の同僚も同調しています。

「以前は、デザインや通信には Mac、関係者の情報にアクセスするには PC というように、2 台のコンピューターを使っていました。(中略)デバイスを切り替えなくてもいいので、Parallels があればワークフローをより簡単なものにできます。自分にとっては非常に大きな意味を持ちます」
— 通信および年間サポート主任、マット・ウィルス氏

 

Parallels を選択する上では、原価よりも品質の方が重要であったということですが、ローブ氏によると、Parallels を導入したことで ASIJ はハードウェアに対する支出だけで 3 年ごとに約 24,000 米ドルの支出を抑えることができると述べています。それ以外にも、時間も大幅に短縮され、フラストレーションも大きく軽減されました。ウィルス氏はさらに次のように述べています。「Parallels は、ユーザーがバックグラウンドで何が行われているかを把握していなくても、優れたシームレスな操作性を提供してくれます」

「Parallels により Windows を脇に置いておくことができるため、学校管理の主要な部分を簡略化することができました。さらに、Parallels Desktop Business Edition により、IT チームはより簡単にライセンスやアップグレードを管理できるようになりました。さまざまな VM と連動でき、微調整も可能です。自分たちに必要な作業は VM ファイルを新しいマシンにコピーすることだけです。設定を心配する必要はありません。ドライバや設定に関する問題は Parallels が処理してくれるため、このような簡単な操作になっているのです」とローブ氏は述べています。