Parallels Mac Management for Microsoft SCCM における Apple Device Enrollment Program

SCCM 管理対象 Mac デバイスのゼロタッチ展開

Parallels® Mac Management for Microsoft SCCM を Apple® Device Enrollment Program(DEP)と統合することで、新しい Mac® デバイスをリモートで自動登録して設定できるようになるため、時間のかかるイメージングや手動設定が不要になります。 Apple DEP のサポートおよび SCCM との独自の統合により、IT 管理者はユーザーが利用する新しい Mac コンピューターをシームレスに設定してプロビジョニングできます。

DEP が組み込まれた Mac を SCCM で使用

  • 制御とセキュリティが維持されます。 自動登録プロセスにより、どのような Mac コンピューターでもリモートで設定できます。
  • 各デバイスをカスタマイズして、最初の使用時に必要なものをユーザーに提供できます。
  • Apple Setup Assistant を終了すれば、ユーザーは新しい Mac を使用できるようになります。追加作業は必要ありません。
  • Microsoft SCCM コンソールを使用したゼロタッチの macOS® 展開により、Parallels Mac Management でのみ可能なエンドユーザーのシームレスな操作性が実現します。