レポート作成

サーバーの状態とユーザーアクティビティを把握することは、パフォーマンスの高い仮想インフラストラクチャの設計と維持に不可欠です。Parallels Remote Application Server のレポート作成エンジンを使うと、生のデータを視覚的なレポートに変換できます。例えば、Microsoft RDSVDI によるアプリケーション使用率を確認できます。他のソリューションとは異なり、通常のライセンスでこの機能を利用できます。追加のライセンス料金は必要ありません。

データをビジネス上の価値に変換

レポート作成エンジンはレポート作成およびモニタリングの包括的なソリューションであり、VMware ESXi、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServer、RDS ホスト、RDP 接続から作業環境内の主要なメトリクスを収集および統合します。スケジュールを設定し、簡単に実行できるレポートで、ユーザーアクティビティ、サーバーの状態、ライセンスの傾向、アプリケーションの使用率、パフォーマンスを確認できます。

アプリケーションの使用率

アプリケーションのパフォーマンスをモニタリングして、最も使用されているアプリケーション、各アプリケーションのユーザー数、開始されたアプリケーションインスタンス数を検出できます。ツールはシンプルで使いやすく、追加のエージェントをデプロイしなくてもサーバーからデータを取得できます。

サーバーパフォーマンスのモニタリング

ユーザーカウント、プロセスカウント、CPU、メモリの使用率など、すべてのユーザー、および RD セッションホストで実行されるプロセスに関するリアルタイムの情報を取得できます。サーバーセッションのアクティビティを評価することで、ボトルネックを見つけて解消することができます。ハードウェアリソースを適切に再割り当てできれば、ハードウェアインフラストラクチャを最大で 30% を削減できます。

パフォーマンスモニタリング ダッシュボード

モニタリングダッシュボードにより、Parallels RAS インフラストラクチャの包括的な統計情報にリアルタイムでアクセスできます。 Parallels RAS Console または Web ブラウザで直接利用できるこの豊富なレポートは、IT 管理者が主要な指標を深く理解するのに役立ちます。 このレポートをスキャンすることにより、組織では Parallels RAS および Windows サーバーコンポーネントのパフォーマンスを強化できます。