クライアント管理

Parallels Remote Application Server では、Windows XP、7、8.1、10 を管理するための包括的なソリューションを利用できます。従来のようにアプリケーションを配信するだけでなく、1 つの一元的なインターフェイスで土台となる Windows デバイスを制御できます。デスクトップの交換によって Windows マシンの寿命を延長し、マシンを疑似シンクライアントに変えて、PC の管理性とセキュリティを向上させることができます。

Citrix alternative

Windows PC ライフサイクルの延長

Windows PC を疑似シンクライアント化することで、ハードウェアの交換にかかるコストを削減できます。Windows のレガシー OS を引き続き使用して安全に仮想アプリケーションを実行しつつ、OS のネイティブ機能へのアクセスを制限できます。さらに、管理者はユーザーが PC でローカルに実行するアプリケーションとリモートで実行するアプリケーションを選択できます。

Citrix alternative

デバイス管理

接続された PC を一元的に管理し、詳細なポリシー設定でセッションと Windows デバイスをまとめて管理できます。管理者は、すべての Windows デバイスのステータスとセッション(起動、再起動、ログオンなど)を確認し、電源サイクルを自動化できます。管理者は、セッション管理によって、Remote Application Server で実行中の任意の接続と通信できます。

Citrix alternative

リモートアクセス

Windows PC への即座、簡単かつ安全なリモートアクセスが可能になります。技術者は、シャドウイング(リモートアクセス)によって、Parallels インターフェイスから直接 Windows PC を制御できます。Parallels Remote Application Server は、ローカルと仮想アプリケーションのすべてのユーザーにリモートアシスタントを提供する唯一のソリューションです。