まだご存知でないかも知れない Parallels Desktop 12 for Mac についての 12 のコト

Mac ユーザーの皆様であれば、Mac 上で Windows アプリを使うための、信頼性の高い仮想化ソフトとして、Parallels Desktop の名前をご存知の方も多いかと思います。この夏に発売を開始した Parallels Desktop 12 for Mac では、多くの改善や機能アップデートを施しています。そこで、この Parallels Desktop の最新版について、もしかすると皆さんがまだご存じでないかも知れない 12 の特徴を今日はご紹介します。

1.今まで以上にスピーディな動作

Parallels Desktop 12 for Mac では、メモリ容量が少なくなった場合のパフォーマンスとレスポンス向上のために、入念な調整を行いました。その結果、スナップショットの作成が 90 % も速くなったことに加え、仮想マシンがサスペンドに入るまでのプロセスが 60 % 高速化しています。また、共有フォルダへのアクセス パフォーマンスも 25 % 向上しました。さらに、これまでは時間がかかっていた、仮想マシンが処理中のキャンセル操作も容易になりました。

2.Windows 10 アプリの立ち上げもサクサクと

Parallels Desktop 12 for Mac では、バックグラウンドで仮想マシンを待機させることにより、CPU に大きな負荷をかけることなく、瞬時に Windows 10 アプリを開くことができます。この機能のメリットは、Dock 上に Parallels Desktop のアイコンが表示されないコヒーレンスモード使用の際でも、瞬時に仮想マシン上のアプリを起動することが可能になることです。周りのお友達も驚くこと間違いなしです!

3.Overwatch にも対応

「よく学びよく遊べ」とはよく言ったものです。今回のバージョンでは、ゲームへの最適化も忘れていません。ブリザード・エンターテイメント社の Overwatch のファンの皆様、朗報です!Parallels Desktop 12 for Mac は、Mac で PC 版 Overwatch をプレイするための最適化がなされています!

4.Mac キーチェーンでのパスワード管理を強化

これで、もうパスワード関連で悩むことはありません。Microsoft Edge や Internet Explorer のパスワードも Mac のキーチェーンで保存、管理が可能になりました。

5.Retina ディスプレイ サポートの拡張

Parallels Desktop 12 for Mac では、Retina ディスプレイへのサポートをさらに拡張しました。Windows 10 の仮想マシンの画面をリサイズしても、テキストとアイコンには最適な解像度が保たれます。また、Windows 10 を使う際に、外部ディスプレイ毎に個別のスクリーン解像度が設定可能です。

6.Windows アップデートを管理

仮想マシン自体の Windows アップデート処理のために、アップデーターのダウンロードやインストールなど、プロセッサーへの負荷が大きい処理があっても、延々と待ち続けることはなくなります。このような、不意の処理でプロジェクトの締め切りに追われることも、もうありません。Parallels Desktop 12 を使えば、Windows 10 のメンテナンス設定も簡単にスケジュール化できるからです。

7.macOS Sierra に対応

Parallels Desktop 12 for Mac は、新しい macOS Sierra にも既に対応しています。加えて、ストレージの最適化機能にも対応しており、仮想マシンのストレージ情報が閲覧、管理可能です。

8.Parallels Toolbox for Mac を搭載

新たに搭載した Parallels Toolbox を使えば、20 のよく使われるタスクをワンクリックで簡単に実行できます。全画面や特定のウィンドウ、もしくは範囲を指定してスクリーンの録画を行ったり、音声の録音やビデオ変換なども可能です。Parallels Toolbox for Mac は、Parallels Desktop 12 for Mac をお使いの場合、無償でご利用頂けます。

9.Acronis 社の True Image で仮想マシンの快適なバックアップを

Parallels Desktop 12 for Mac には、Acronis 社のバックアップ ソリューションである True Image の 1 年版サブスクリプションが提供されており、500GB のクラウド バックアップ ストレージが利用可能です。これを使えば、仮想マシンの増分バックアップができるため、仮想マシン全てを再保存する必要はなく、増えたデータ分のみの保存が可能となります。

10.Microsoft Ink Apple Pencil も利用できます

iPad Pro と Apple Pencil はお持ちですか? Microsoft Ink をご自分の仮想マシン上の Windows 10 でも使えないだろうか、と思ったことはありませんか?Parallel Desktop 12 for Mac とこちらの iPad アプリを組み合わせれば、それが可能になるのです!Word の数式エディタを使った方程式の入力などの際に、とても使いやすくなります。

11.仮想マシンのリソース制限設定

パワーユーザーの皆様は、仮想マシンのリソース制限を設定可能です。仮想マシン ディスクの I/O 速度や CPU 使用量および帯域幅を制限することで、複数の仮想マシンでタスクを実行する際に負荷バランスを調整することが可能となりました。(Pro Edition のみ)

12.Parallels Desktop 12 for Mac のことをもっと学ぼう

さらに Parallels Desktop 12 for Mac についてお知りになりたいですか?本製品についてのデジタル書籍(英語)も発売されています。Parallels の本社製品チームとの協業で編集された「Take Control of Parallels Desktop 12」(英語)は、エキスパート志向の新たな Parallels ユーザーの皆様、もしくは再度、一から学びたいという方々にはうってつけの一冊となっています。そんな「Take Control of Parallels Desktop 12」は、こちらからご購入が可能です。

Parallels Desktop 12 for Mac の 12 の特徴、いかがでしたか?是非、皆様ご自身でもこれらを体感してみてください。Parallels Desktop 12 for Mac の体験版もご利用頂けます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。すべてのフィールドが必須項目です。