Parallels Desktop for Mac Business Edition

Mac コンピューターを使用しているユーザーに Windows アプリケーションの実行手段を提供する最もシンプルかつ安全なソリューションです。

大規模な展開向けに、統合ボリュームライセンスキー、一元化された管理、高度なセキュリティ機能が利用できます。

Mac を使用して業務向けのあらゆる Windows プログラムを実行できます

Parallels Desktop Business Edition により、Mac ユーザーがいずれかの Windows アプリケーションを使えないということはなくなります。

絶対的な互換性

絶対的な互換性

Microsoft Office、Visual Studio、Quicken® や QuickBooks for Windows、Internet Explorer、SAP 製品、 企業資源計画(ERP)ソフトウェア、 Autodesk 製品など、ビジネスに不可欠なアプリケーションをトレードオフなしで実行できます。

超高速

超高速

高度なグラフィックや多くのリソースを必要とする Windows アプリケーションも、MacBook®、iMac®、Mac mini®、MacBook Pro® または Mac Pro® の速度を低下させることなく、シームレスに実行できます。

迅速な一括展開に最適化

迅速な一括展開

迅速な一括展開

Parallels® Mac Management for Microsoft® SCCM、Jamf Pro などのソリューションにより、わずかな時間で大量のインストールを展開できます。

管理の容易性

管理の容易性

すべてのインストールで、単一のボリュームライセンスキーを使用します。使用状況の統計値やリアルタイムのライセンスアクティビティなど、利用価値のある情報を取得し、展開されたすべてのライセンスを容易に管理できます。

Email 経由の新規ユーザー設定

Email 経由の新規ユーザー設定

自動的に生成される、Parallels Desktop のダウンロードリンクが併記されたメールにより、わずか数クリックで新規ユーザーを登録できます。インストールはすべて自動的にアクティベートされます。

セキュリティとコンプライアンス機能の構築

セキュアなユーザーとデバイスアクセス

セキュアなユーザーとデバイスアクセス

Mac ベースの Windows インスタンスを正規の Windows PC と同様に Active Directory に参加させることができます。USB メモリ、スマートカード、他の外部デバイスが Mac に接続された場合に、ポリシーを適用し、Windows で使用できます。

Windows データの保護

Windows データの保護

Windows 仮想マシンを暗号化し、構成パスワードを保護することで、セキュリティ層を提供します。必要に応じて Mac から Windows を分離するオプションを使用します。

有効期限付きの仮想マシンの作成

有効期限付きの仮想マシンの作成

事前定義されている時間で自動的に期限切れとなり、ロックがかかるように構成された、有効期限のある暗号化された仮想マシンを作成します。企業データを共有する場合に、追加のセキュリティを適用できます。

ビジネスで Mac をさらに活用

ただ便利なだけではありません。

1 台のコンピューターで同時に Mac と Windows の機能を活用できるため、コストやデスクトップのリソースを節約できます。またワークフローを合理化し、IT 部門にかかるサポートの負担を軽減することができます。

運用効率の向上

  • Windows を Mac 上でシームレスに実行し、ワンクリックまたはスワイプで Mac と Windows を切り替えることができます。
  • 外部 USB デバイス(スマートカードや他の Windows 専用の互換デバイスを含む)を Mac に挿入して Windows で使用できます。
  • Windows からも、Mac で構成済みのプリンターを使用してファイルを印刷できます。
  • macOS アプリケーションのように Windows を使用できます。他の仮想化ソリューションとは異なり、Parallels Desktop は Mac 上で Windows を起動するために再起動したりサーバーに接続したりする必要がありません。

アメリカンスクールインジャパン、Mac のみの環境に Parallels Desktop Business Edition で対応

EE や RE にアクセスする職員は macOS® と Windows を頻繁に切り替える必要があることから、ASIJ は Parallels Desktop for Mac Business Edition を採用しました。ローブ氏は次のように述べています。「再起動が必要になる回数からも、業務内容を考慮すると Boot Camp® は現実的ではないと判断しました。VMware® も検討しましたが、Parallels の方が理解しやすいと思いました。さらに、自分たちのニーズに合わせて設定できるところも気に入りました。品質も高く、システムの動作も迅速でした。Parallels は macOS にも問題なく統合できます」。

成功事例のご紹介

Mac 上で Windows を実行して業務をさらに推進

最大 10 までの Mac コンピューターを運用するチーム向け