Parallels が考えるリモートワークの利点

リモートワークとは、組織の従業員がオフィス以外の場所で業務を行う、柔軟な働き方のモデルです。リモートワーク自体は以前からありますが、テクノロジーの急速な発展に伴ってますます増えており、企業も昨今のコロナ禍を踏まえて導入を進めています。リモートワークでは、従業員が自宅をはじめとして、どこにいても仕事ができます。リモートワークを導入する企業は、従業員が会社の資料などのリソースに社外からアクセスできるようにしています。今日のテクノロジーが発展した時代では、クラウド コンピューティングや仮想化などでの通信技術が向上する中で、リモートワークに対する制約はどんどん無くなっています。

リモートワークの利点

リモートワークには、従業員と企業双方にとって多くのプラス面があります。従業員にとっては、適切なワークライフ バランスにつながり、自分が快適だと感じる場所で働くことで、生産性も向上します。また企業にとっては、社内のインフラや電気代、従業員の通勤代の節約になります。

さらにリモートワークでは、企業が世界中の幅広い人材を活用できます。また会社規定に応じて、通常のオフィス勤務と併せて運用もできます。

リモートワークの課題

リモートワークにはいくつかの共通の課題もあるため、始める前にその課題に対応する必要があります。大きな課題の一つは、上司の指示がないことで生じる、リモート社員の仕事の管理の難しさです。会社のアプリケーション ツールやソフトウェアへの通信やアクセスの問題が起こると、リモート社員は孤立感を感じることがあります。データ セキュリティも、会社の業務上必要不可欠なアプリケーションがクラウド上にあるときには注意すべき点です。その点、アプリケーションやデスクトップ環境の仮想化では、重要なデータを危険にさらすことなく、簡単かつ安全にリモートアクセスができます。そうは言っても、すべての仮想化ソリューションが機能やコスト効率、インストールのしやすさにおいて優れている訳ではありません。

Parallels RAS で生産性向上へ

Parallels® Remote Application Server (RAS) は、コスト効率が高い仮想化ソフトウェアで、世界のどこでもエンドユーザーのデバイスに、業務上必要不可欠な仮想アプリケーションやデスクトップ環境を提供できます。また、社員のパートタイムや在宅勤務を推奨する企業の ROI (費用対効果) が向上します。最新のデータ セキュリティとアクセスコントロール機能を備えた Parallels RAS は、自社の仮想アプリケーションやデスクトップを強化したい企業にとって、優れた選択肢になります。

こちらから、Paralells RAS が30日間無償でトライアル頂けます。

参考文献 (英語のみ)

Webopedia | https://www.webopedia.com/TERM/T/teleworking.html 

Finances Online | https://reviews.financesonline.com/p/parallels-ras/ 

TechTarget | https://searchmobilecomputing.techtarget.com/definition/telecommuting 

TechoPedia | https://www.techopedia.com/definition/9683/telecommuting 

Parallels RAS | https://www.parallels.com/blogs/ras/advantage-of-remote-working/ 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。すべてのフィールドが必須項目です。