事業継続性と
障害復旧

Parallels® Remote Application Server(RAS)を事業継続性および障害復旧(BCDR)計画に組み込むことで、完全な仮想ワークスペースを実現し、有害事象発生時にも業務を継続できるようになります。

事業継続性および障害復旧計画(BCDR)とは?

BCDR は、災害時や災害後の迅速な業務再開を可能にする、一連のプロセスおよび技術です。BCDR は現代の組織のキーワードになっていますが、それには理由があります。24 時間 365 日、常時ネットワークに接続されている環境では、どんな企業であっても、常にコントロール不能なリスクにさらされる可能性があります。

BCDR の主な目的は、予期せぬ中断に伴うリスクを軽減し、組織が可能な限り「通常に近い」状態で運営を継続できるよう支援することです。BCDR 計画が適切に実行されれば、組織は収益性を向上させるとともに、評価を高める結果になります。また、組織が規制やコンプライアンス要件を満たすのにも役立ちます。

事業継続性と障害復旧の違い

事業継続性と障害復旧は、事業継続性(BC)と障害復旧(DR)という 2 つの用語を組み合わせて、BCDR という 1 つの用語にしたものです。これは、障害事象への対応を計画する際に、事業関連部署と技術関連部署の担当者が、単独ではなく、緊密に連携する必要があるという認識が広がっているためです。

事業継続性プロセスは、システム中断時およびシステム中断後に、最小限のダウンタイムでミッションクリティカルな機能を継続させることを保証します。事業継続性計画(BCP)は通常、事業インパクト分析(BIA)から始まり、BCP の範囲や、法律、規制、契約上の義務など、その他の要件を決定します。

障害復旧は、より反応的で、IT 担当部署が特定の事故や災害に対し、どのように復旧作業を行えるかを定義するものです。事業継続性が組織全体を対象とするのに対し、障害復旧は IT に特化しており、サーバーやネットワークの復旧、バックアップシステムのプロビジョニング、バックアップデータのコピーなどのプロセスを含んでいます。

事業継続性と障害復旧計画はなぜ重要か?

組織が BCDR 計画を策定しておくべき理由はたくさんあります。いくつかをご紹介します。

事業継続性と障害復旧について散見される誤解

災害発生時、効果的な BCDR 計画の有無が、組織の存続と衰退を分けることに間違いはありません。しかし残念ながら、ほとんどの企業が、BCDR 計画の立案と実行の面で困難を抱えています。ここにいくつかの誤った事例をご紹介します。

Parallels RAS による事業継続性と障害復旧の実現

データを保護し、ダウンタイムを最小限に抑えるために、当て推量を絶対に避けなければなりません。強固で戦略的な BCDR 計画がなければ、ごくありふれた停電でさえ、長期的な収益成長、ブランド価値、評価など、非常に広い範囲に影響をおよぼす可能性があります。

Parallels RAS は、BCDR ソリューションの包括的なポートフォリオを提供しています。

Parallels RAS の使用例

Parallels RAS は、包括的な仮想デスクトップインフラ(VDI)ソリューションです。Windows アプリケーションやデスクトップを公開し、オンプレミス、パブリッククラウド、またはその両方でホスティングすることができます。災害時には、HTML5 対応ブラウザーを含むあらゆるデバイスやプラットフォームから、どこにいても公開済みリソースにアクセスできます。

Parallels RAS を使用することで、公開済みリソースへのアクセスに使用するデバイスに関係なく、実機並みの環境を実現することができます。モバイル端末で Windows アプリケーションやデスクトップを使用して、PC と同じように、ドラッグ、スワイプ、ズームイン、タップしてクリックなどの操作を簡単に行うことができます。これにより、リモート環境での作業がより容易になります。

Parallels RAS は、マルチクラウドとハイブリッドクラウドのいずれの環境でも展開できます。組織は Parallels RAS を使用して、リソースを簡単に分離し、オンプレミスおよびパブリッククラウドインフラ間で移行することができます。この柔軟性により、組織はコンピューティング要件やコストが変化しても、ワークロードをシームレスに分散させることができます。

さらに Parallels RAS では、高可用性ロードバランス(HALB)によるロードバランスが強化されています。この冗長性により、ゲートウェイ間のトラフィックが均等に分散され、ユーザーにダウンタイムが発生することがないようにできます。

Parallels RAS によって、IT 管理者はエンドポイントまたは Active Directory(AD)グループに基づくクライアントポリシーを適用することができます。これにより、社内のアプリケーションとデータを保護できます。IT 管理者は、Parallels RAS Client のグループポリシーを活用することで、新規ユーザーが増加する場合でも、複数の設定をサポートするための労力を最小限に抑えることができます。

たとえば、組織に加入した新しい業務従事者を特定の AD グループにすばやく追加することができます。この業務従事者には、グループに対して事前に設定されているすべてのポリシーが自動的に適用されます。Parallels RAS では、クライアントグループポリシーに加え、スマートカード認証や多要素認証(MFA)などの最先端技術によって、社内データやアプリケーションが保護されています。また、Duo、Google Authenticator、SafeNet などにも対応しています。

プロアクティブなモニタリングとレポート作成は、BCDR の重要な構成要素です。危機発生時、IT 管理者は、業務プロセスやサービスの優先順位を判断して、適切な対応を確立することができます。Parallels RAS には、未処理データを直感的で視覚的なレポートに変換する、企業向けのモニタリングおよびレポート作成エンジンが搭載されています。

これにより IT 管理者は、組織全体の IT インフラを完全に把握するとともに、グループ、ユーザー、アプリケーション、サーバー使用状況、デバイスなどの詳細な統計情報を得ることが可能になります。