VirtualBox と
Parallels Desktop for Mac の比較

Parallels Desktop を選ぶ理由

  • Intel または Apple M シリーズの Mac に Windows と Linux をインストール
  • Windows 11 および macOS Ventura に最適化済み
  • 24 時間 365 日のサポート(簡単なインストールアシスタンス付き)
  • 仮想マシン(VM)の起動パフォーマンスが 20% 以上高速
  • DirectX 11 のサポート
機能 VirtualBox Parallels Desktop
複数のオペレーティングシステム(OS)を実行 Intel のみ Intel および Apple
M シリーズチップ
独立した環境でソフトウェアをテスト
Windows を実行する VM を作成
VM のセットアップと構成
VM の状態を保存
ゲスト OS のドライバーを自動的にインストール
プロファイルとアプリケーションを共有
インストールアシスタント
ワンクリックで Windows 11 をダウンロードしてインストール
特別な設定を必要としない Retina ディスプレイのサポート
仮想 TPM チップの使用
技術サポート

700 万人を超えるユーザーと専門家からの信頼

”Parallels で PC が起動する速さにいつも驚かされています。実機よりも速いのです。わたしの MacBook Air では、Parallels のアイコンをダブルクリックしてから 6 秒ほどで Windows を利用できます”。David Pogue 氏(The New York Times
”Mac で Windows を実行するあらゆる方法の中で、Parallels Desktop を一番気に入っています。とにかくきちんと動くのですから。Parallels Desktop は、迅速で、信頼できますし、面倒な設定や複雑極まるセットアッププロセスに煩わされることがありません”。Adrian Kingsley-Hughes 氏(ZDNet
”Apple の Boot Camp と異なり、Parallels では 2 つのオペレーティングシステムを同時に実行できます”。Larry Magid 氏(Forbes
”Parallels Desktop は、Apple OS X で Windows アプリケーションと Windows デスクトップを実行するための、もっとも簡単でもっとも早く、またもっとも緊密な統合を実現しているアプリケーションです”。Edward Mendelson(PCMag.com)
”最新版の Parallels は、もっとも支持されている Mac OS X 向けの Windows 仮想化ツールで、まるで Apple のデバイスを使用しているかのような感覚になります”。Engadget

高速、パワフル、簡単に。

Microsoft Office、Internet Explorer、Access、Quicken、QuickBooks、Visual Studio、さらには高度なグラフィック機能が要求されるゲームや CAD プログラムまで、何千種類もの Windows アプリを性能の低下や再起動なしに実行できます。

この動画では、再生速度が速くなっているのがわかります。ビデオでは、Intel プロセッサーを搭載する Mac における一般的なユーザーエクスペリエンスをご覧いただけます。M1 Mac におけるユーザーエクスペリエンスの情報については、こちらの記事を参照してください。

ボーナス特典!

Parallels Desktop のサブスクリプションの同梱物:
Parallels® Toolbox および Parallels® Access

サブスクリプションに付帯する特典!

Parallels Toolbox

生産性を向上する 40 を超えるワンタッチツールを搭載。ドライブのクリーニング、スクリーンショットの撮影、ビデオのダウンロードなど、すべてワンクリックでさまざまな機能を実行できます。

サブスクリプションに付帯する特典!

Parallels Access

Parallels Access で、あらゆる iOS デバイス、Android デバイス、ブラウザからお使いの Mac にリモートアクセスできます。

Parallels Desktop 各エディションの比較

Standard Edition
macOS、Windows、Linux、新しい Mac モデルの最新版に対応する主要なアップデートが含まれます サブスクリプションのみ
VM 当たりの仮想 RAM 8 GB vRAM
VM 当たりの仮想 CPU** 4 vCPU
Mac のファイル、キーボード、トラックパッド、カメラ & マイク、サウンド、グラフィック、Touch ID など、Mac 向けに設計されたかのような Windows を体験できます
Microsoft Office 365、会計用ソフトウェア、トレード用ソフトウェア、SAP、Matlab など、数千もの Windows アプリケーションを実行できます
24 時間年中無休の電話およびメールでのプレミアムサポート
日本語でのサポート時間は、土日・祝日と年末年始を除く、平日 9:00 ~ 17:00 です
サブスクリプションのみ
購入アップグレード版
アップグレード
一番人気
Pro Edition
Standard Edition のすべての機能に加え次の機能をご利用いただけます:
macOS、Windows、Linux、新しい Mac モデルの最新版に対応する主要なアップデートが含まれます
VM 当たりの仮想 RAM 128 GB vRAM
VM 当たりの仮想 CPU** 32 vCPU
グラフィックスを多用する専門的な Windows アプリケーションと複数の仮想マシンを実行できます
複数のオペレーティング システムで同時にソフトウェアの開発、自動化、テスト、デバッグを実装できます
組織全体で Mac 上で Windows を実行することにより、ビジネスに不可欠なアプリケーションを実行したり、複数のコンピューターを使用する煩わしさから開発者を解放します。SSO / SAML 統合オプションにより安全かつキーフリーです
24 時間年中無休の電話およびメールでのプレミアムサポート
日本語でのサポート時間は、土日・祝日と年末年始を除く、平日 9:00 ~ 17:00 です
VS コードVagrantPackerDockerMinikube などとの統合
仮想ネットワーキング、デバッグ、自動化のための高度なツール
コマンドライン インターフェイス (prlctl、prlsrvctl) で CI / CD ワークフローを自動化
今すぐ購入アップグレード版
アップグレード
Business Edition
Standard Edition および Pro Edition のすべての機能に加え次の機能をご利用いただけます:
従業員の所属別など、事前構成された Windows インストールを Mac にダウンロードできます
SSO / SAML / SCIM 統合への対応準備が整った企業向けに、ユーザーごとのライセンス オプションをご用意
一元化された管理と制御、一括展開のための統合ボリューム ライセンス
今すぐ購入

*Windows 11 Pro および Enterprise
**Apple シリコン搭載 Mac (M2 Ultra) で最大 22 CPU

よくある質問

Parallels Desktop は、使いやすく Windows や Linux をシームレスに実行できます。VirtualBox とは異なっています。特別な経験は必要ありません。Windows のインストールと構成はより簡単になっており、Parallels Desktop は Retina ディスプレイもサポートしています。どんな設定が必要かという知識は必要ありません。初心者であっても、再起動なしで Windows アプリケーションを同時に実行できます。またオペレーティングシステム間ですばやくファイルを移動できます。Mac の処理速度を落とすことなく、グラフィックを多用し大量のリソースを消費する Windows アプリケーションを簡単に実行できます。

システム条件

Microsoft Office、会計用ソフトウェア、トレード用ソフトウェア、SAP、Matlab など、一般的なアプリケーションを実行できます。

オペレーティング システム

macOS Sonoma 14.0 以降
macOS Ventura 13.2 以降
macOS Monterey 12.6 以降
macOS Big Sur 11.7 以降[1]
macOS Catalina 10.15.7 以降[1]
macOS Mojave 10.14.6 以降[1]

プロセッサ

任意のApple のシリコン チップ
Intel Core i5、Core i7、Core i9、Intel Core M または Xeon プロセッサー

メモリ

4 GB of RAM

ストレージ

Parallels Desktop アプリケーションのインストール用に 600 MB
ゲストOS用の追加のディスク容量(Windows OS の場合は 16 GB 以上)

グラフィック

Apple M3、M3 Pro、M3 Max、M2, M2 Pro, M2 Max, M2 Ultra, M1, M1 Pro, M1 Max, 及び M1 Ultra チップ

Intel、AMD Radeon または NVIDIA グラフィックカード

[1] — 以前の製品バージョンがインストールされている。

高度なグラフィック機能が要求されるアプリケーションや負荷の大きな処理を実行したり、複数の仮想マシンを実行したり場合です。

オペレーティング システム

macOS Sonoma 14.0 以降
macOS Ventura 13.2 以降
macOS Monterey 12.6 以降
macOS Big Sur 11.7 以降[1]
macOS Catalina 10.15.7 以降[1]
macOS Mojave 10.14.6 以降[1]

プロセッサ

Apple M3, M3 Pro, M3 Max, M2, M2 Pro, M2 Max, M2 Ultra, M1 Pro, M1 Max,および M1 Ultra チップ
Intel Core i5、Core i7、Core i9 または Xeon プロセッサー

メモリ

16 GB以上の RAM

ストレージ

Parallels Desktop アプリケーションのインストール用に 600 MB
ゲストOS用の追加のディスク容量(Windows OS の場合は 16 GB 以上)

グラフィック

Apple M3、M3 Pro、M3 Max、M2, M2 Pro, M2 Max, M2 Ultra, M1, M1 Pro, M1 Max, 及び M1 Ultra チップ

AMD Radeon Pro グラフィックカード

[1] — 以前の製品バージョンがインストールされている。

ゲストオペレーティングシステムサポートされている(Appleシリコン搭載のMac):

Arm バージョンのオペレーティング システムのみサポートされている。

  • Windows 11 Pro および Enterprise エディション (推奨)
  • Ubuntu Linux 23.04、22.04、21.10、21.04、20.10、20.04
  • Fedora Workstation 38、37、36、35、34、33-1.2
  • Red Hat Enterprise Linux 9
  • Debian GNU/Linux 12、11、10
  • Kali Linux 2023.1、2022.2、2022.1、2021.3
  • CentOS Stream 9
  • macOS Monterey 12(アプリ内ダウンロード
  • macOS Ventura 13(アプリ内ダウンロード
  • macOS Sonoma 14(アプリ内ダウンロード

サポート対象のゲスト オペレーティング システム(Intel プロセッサ搭載の Mac)

x86 バージョンのオペレーティング システムのみがサポートされています。

  • Windows 11(推奨)
  • Windows 10[1]
  • Windows Server 2022
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Boot2Docker
  • Red Hat Enterprise Linux(RHEL)9,8 および 7
  • CentOS Linux 9 Stream、8、7
  • Fedora Linux 38 および 37
  • Ubuntu 23.04、22.04 LTS、21.10、21.04、20.04 LTS、18.04 LTS、16.04 LTS
  • Debian GNU/Linux 11、10
  • Suse Linux Enterprise 15
  • OpenSUSE Linux 15.5 および 15.4
  • Linux Mint 20
  • Kali 2023.1、2022.2、2022.1、2020.2、2019、2018
  • Elementary OS 7
  • Manjaro 22 および 21
  • Mageia 8
  • Gentoo Linux[2]
  • Solaris 11 および 10[2]
  • openBSD 6[2]
  • FreeBSD 12 および 11[2]
  • OpenVZ 7
  • eComStation 2 および 1.2[2]
  • ReactOS 0.4[2]
  • Android OS(アプリ内ダウンロードのみ)
  • macOS Ventura 13.0[3]
  • macOS Monterey 12.0[3]
  • macOS Big Sur 11.0[3]
  • macOS Catalina 10.15[3]
  • macOS Mojave 10.14.x[3]
  • macOS High Sierra 10.13.x[3]
  • macOS Sierra 10.12.x[3]
  • OS X El Capitan 10.11.x[3]
  • OS X Yosemite 10.10.x[3]
  • OS X Mavericks 10.9.x[3]
  • OS X Mountain Lion 10.8.x[3]
  • OS X Lion 10.7.x[3]
  • OS X Lion Server 10.7.x[3]
  • Mac OS X Snow Leopard Server 10.6.x[3]
  • Mac OS X Leopard Server 10.5.x[3]
  • 他にも数多くの OS がご利用いただけます。
  • [1] — 64 ビット版のみ対応。
  • [2] — このオペレーティング システムでは、Parallels Tools は使用できません。
  • [3] — ホスト OS としてオペレーティング システムをサポートする Mac コンピューターが必要です。

注意:従来の Windows OS バージョン(2000、XP、Vista、7、8/8.1)を実行するには、Parallels Tools バージョン 18.3.0 をダウンロードして使用してください。詳しくは、https://kb.parallels.com/en/129252 をご覧ください。
Parallels Desktop for Mac は PC ハードウェアをエミュレートするため、このリストに記載のないオペレーティング システムであっても機能します。こちらから Parallels Desktop トライアル版をダウンロードして、選択した OS をインストールできます。正常に動作せずサポートが必要な場合は、Parallels フォーラムでお知らせください。
Windows 11 を実行する Parallels Desktop の使用における制限については、KB 129497 をご覧ください。

Linuxカーネルのバージョンについて、詳しい情報は KB 129963をご覧ください。