Parallels RAS 18.2 で導入予定の新機能

Parallels® RAS 18.2 では、引き続き行われるリソースの最適化やユーザーセッショントラフィックフローの改善に加え、IT チームの生産性を向上させる新しい管理機能が導入される予定です。

Coming soon in Parallels RAS 18.2

最適化ルーティング

Parallels RAS 18.2 では、ユーザーセッショントラフィックフローが最適化されます。これは、地理的に異なるロケーションに複数のデータセンターを持つ企業にとって特に有効です。IT 管理者は、エンドクライアントと公開済みリソースの間でユーザーセッションをトンネリングする際に、優先ルートを指定できるようになります。

最適化ルーティングを活用することで、企業ユーザーに次のようなメリットがもたらされます。

  • 業務従事者のユーザーエクスペリエンスの向上
  • コストの削減
  • 内部ネットワークで他のサービス導入の環境を確保

ユーザーセッショントラフィックは現在、最初の接続リクエストの処理が実行された Parallels Secure Client Gateway を介してトンネリングされるようになっています。一方、最適化ルーティングでは、最初の接続リクエストに使用されたものとは別の Secure Client Gateway(地理的に異なるロケーションに設置することも可能)を使用して、ユーザーセッショントラフィックをトンネリングすることができます。

さらに、最適化ルーティングは、Parallels RAS のユーザーセッションの接続およびトンネリングに使用される前面のアクセス層コンポーネントとは無関係に動作します。このようなアクセス層には、Secure Client Gateway、高可用性ロードバランサー(HALB)仮想サーバー、またはサードパーティー製のロードバランサーなどがあります。

Parallels RAS 18.2 で管理者は、アプリケーション、デスクトップファイル、フォルダーなど、あらゆる種類の公開済みリソースに対して最適化ルーティングを設定することができます。同じ Parallels RAS サイト内の公開済みリソースは、リソースが存在するロケーションに依存することなく、ユーザーに提供できます。これは、ユーザーのセッションフローに最適なルーティングを利用しながら、透過的に実現されます。

Coming soon in Parallels RAS 18.2

Parallels RAS 18.2 の他の機能

Parallels RAS 18.2 は、以下の機能により、エンドユーザーと管理者のユーザーエクスペリエンスをさらに向上させます。

Parallels Client:

ユーザーは機能性の向上を認識できます。

レポート:

新しい定義済みレポートにより、管理者が Parallels RAS 環境とユーザーセッションのメンテナンスを行うためのサポートを提供します。

管理ポータル:

新しい管理機能により、ウェブベースの管理ポータルが強化されます。